どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

大窪寺の紅葉

DSCN3314_convert_20181110105806.jpg


DSCN3309_convert_20181110105736.jpg


DSCN3230_convert_20181110105239.jpg


DSCN3232_convert_20181110105331.jpg


DSCN3249_convert_20181110105407.jpg


DSCN3254_convert_20181110105445.jpg


DSCN3266_(2)_convert_20181110105516.jpg


DSCN3273_convert_20181110105551.jpg


DSCN3288_convert_20181110105625.jpg


DSCN3297_convert_20181110105703.jpg



  1. 2018/11/10(土) 11:02:21|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十月桜(如意輪寺公園)

DSCN3152_convert_20181106095257.jpg


DSCN3151_convert_20181106095223.jpg


DSCN3099_convert_20181106095114.jpg


DSCN3108_convert_20181106095149.jpg


DSCN3074_convert_20181106095028.jpg


DSCN3060_convert_20181106094918.jpg


DSCN3065_convert_20181106094956.jpg



  1. 2018/11/06(火) 19:26:46|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多度津フェスティバル(10月28日)の様子など

DSCN2807_convert_20181103103919.jpg


DSCN2819_convert_20181103103953.jpg


DSCN2824_convert_20181103104024.jpg


DSCN2825_convert_20181103104100.jpg


DSCN2838_convert_20181103104132.jpg


DSCN2844_convert_20181103104205.jpg


DSCN2846_(2)_convert_20181103104239.jpg


DSCN2850_convert_20181103104316.jpg


DSCN2883_convert_20181103104459.jpg


DSCN2877_convert_20181103104425.jpg

 桃陵公園に移された、金毘羅多度津街道「一の鳥居」。

DSCN2873_convert_20181103104346.jpg

寄進者に 「雷電爲右エ門(らいでんためえもん)」さんの名前。




  1. 2018/11/03(土) 10:56:48|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国分寺(第80番札所)のフジバカマなど

DSCN2670_convert_20181029100407.jpg

 場所は、石造復元模型の北あたりです。10月中旬の撮影。

DSCN2672_convert_20181029100448.jpg


DSCN2679_convert_20181029100524.jpg


DSCN2689_convert_20181029100558.jpg


DSCN2693_convert_20181029100631.jpg


DSCN2705_convert_20181029100701.jpg


 石造復元模型と、要注意外来生物セイタカアワダチソウ。といっても、ひところの勢力はなく、背も低い…。かつてはその適応力と、地中深くから養分を採ることができる能力で繁殖し、その毒性でススキなどを駆逐しました。しかし、なぜか地中50センチあたりからしか養分を採らず、養分不足で弱体化したようです。かわって、やはり適応力のあるススキなどが勢力を盛り返したそうです。植物の遷移っておもしろいですね。


DSCN2706_convert_20181029100837.jpg

 10分の1、石造復元模型。


  1. 2018/10/29(月) 16:51:31|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴橋(多度津町)

DSCN2486_convert_20181019194137.jpg

 桜川にかかる鶴橋。港から本町通りを南へ行くと桜川。川沿いを少し西へ行くと鶴橋があって、ここを渡ってすぐ、かつては多度津金毘羅街道の最初の鳥居がありました。現在は、桃陵公園内に移されていますが、寄付者の名前に雷電為右エ門の名があることで知られています。

DSCN2494_convert_20181019194220.jpg

 道標。「右 弥谷道」「左 金毘羅道」。

DSCN2496_convert_20181019194256.jpg

 金毘羅燈籠。橋には大正五年…の文字が見えます。

DSCN2502_convert_20181019194338.jpg

 道標の裏側には「右 船場」。

DSCN2507_convert_20181019194414.jpg

 多度津町立資料館の方から教えて頂いたのですが、この松のところで、森の石松さんが休息したという言い伝えがあるそうです。残念ながら、松は戦後になって切られたそうです。枯れたんでしょうか。資料館の方は、「松に寄りかかって休んだのでしょうか」ということでした。ひょっとして、腰掛でも置いてあったのかもしれません。もちろん、「言い伝え」に想像を膨らませて楽しんでいるだけですので、深く追求しないでください…。


  1. 2018/10/20(土) 12:51:29|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (61)
史跡・文化財など (350)
音楽 (17)
ひょっこり思ったこと (6)
歴史 (40)
自然 (147)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR