どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

たかはたの「たこ判」(綾川町羽床)

DSCN1523_convert_20160621223238.jpg

 この世に「たこ判」なるものがあることを初めて知ったのは、もう何年も前。テレビかなんかで、三豊市の小さなお店でやっていて、安くておいしい、しかも巨大と聞いて、ぜひ食べてみたいと思いました。しかし、遠いので、何かのついでにと思いつつ、そっち方面に用があるときには、ぽっくり忘れているのです…。そのうち、丸亀でもやっているらしいと聞き、こっちはより近いので行く機会も多く、ちゃんと覚えていて探索するも、場所が分からず…。閉店???次には、坂出でやっていると聞き、ついでのある時行ってみるも閉店中…。そしてついに、現物にお目にかかれたのでした。おいしかったです。欲を言えば、もっと植物が入っていてほしいところ。170円なので、ぜいたくは言えぬ身分なのでした。罰が当たるぞ、控えおろーっ!ってところ。卵が濃厚で、タコも少し入ってて、満足。でもやっぱり、キャベツ代の分高くなっても、ドサッと入ってたらもっとおいしかろう…などと、さがりおろーっ!な狼藉者発言をしてしまう、いやしんぼなのでした。
 ことでん羽床駅付近の377号線を1.5㎞ほど南下。左手にお店、右手に駐車場があります。タコ焼きも気になる…。火・水が休みで、10:30~19:00。若い人がやっています。
 実は、多度津町立資料館へ「我が家のお宝展」を見に行き、その帰りに寄ったのでした。多度津町立資料館はこじんまりしてますが、展示は毎回、かなり貴重なものにお目にかかれます。今回も、日英同盟記念皿とか、日露戦争中の号外がたくさんあったり、勝海舟の手紙もありました。丸亀の矢野道場の印可状もありましたが、矢野道場は坂本龍馬も訪れたところで、丸亀藩の勤王派のたまり場だったようです。他にも、陸軍大演習記念図とか、柳田國男からのはがきとか、貴重なものがいろいろありました。6月30日まで。


  1. 2016/06/21(火) 23:18:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はなや食堂(善通寺市)

DSCN1475_convert_20160611190851.jpg

 金倉寺の南にある「はなや食堂」です。うどんやさんです。乃木希典さんが金倉寺を宿所としていた際、出前をしていたという由緒あるお店です。

DSCN1476_convert_20160611190921.jpg

 本日は突如、真夏の暑さになり、冷やしうどんにしました。うどん大と、スルメの天ぷらで330円。うどんはコシがあっておいしかったです。「お店はいつごろから続いているんですか」とお伺いすると、「(約)140年前から・・・」っておっしゃってました。えーっ!それはもう、明治になるとすぐってことですやん。すごい。
 壁には色紙がいっぱいあって、RSKの国司(くにし)さん(岡山・香川では有名)や、スギちゃんなど来られていました。


金倉寺客殿
金倉寺周辺
円珍さん産湯の井戸
旧陸軍第11師団司令部など


  1. 2016/06/11(土) 19:32:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川県園芸総合センターのアジサイ

DSCN1355_convert_20160604115008.jpg

DSCN1356_convert_20160604115057.jpg

DSCN1363_convert_20160604115125.jpg

DSCN1378_convert_20160604115220.jpg

DSCN1383_convert_20160604115250.jpg

DSCN1398_convert_20160604115316.jpg

DSCN1415_convert_20160604115344.jpg

DSCN1417_convert_20160604115411.jpg

DSCN1426_convert_20160604115438.jpg

DSCN1432_convert_20160604115506.jpg

DSCN1438_convert_20160604115543.jpg

DSCN1464_convert_20160604115620.jpg

DSCN1465_convert_20160604115648.jpg

DSCN1470_convert_20160604115716.jpg

 不思議な形についつい見入ってしまいました。
 アジサイというと、なぜかカタツムリが連想される。たぶん、幼稚園の絵本で見たり、壁飾りとしてアジサイとカタツムリのセットをつくらされたからだと思う。小さなころの記憶は少なくとも、絵を描くときの道具ほどには、その人のベースになっている気がする。私はからだで覚えることが苦手で、まず、「自然に覚える」ってことがない。したがって、学校教育でそういう主義の先生に出会ったときは、何一つ覚えられず悲惨な結果になったように思う。「思う」というのは、それに気づいたのはだいぶ後だからです。パソコンを始めるときはまず、キーの位置を暗記してから始めました。子どものころ、様々なゲームをするとき、初めにルールを聞くと嫌がられ、「やったら分かる」といわれ、結局よく分からず、知っているフリをしていました…。英語なんぞも、中三のとき、受験勉強の必要に迫られ、初めて参考書なるものを見て、文法の構造やら品詞の役割やらを知り、なんだ、こんなやさしいことだったのかと、それまで苦手科目だったのが、いきなり得意になりました。幼稚園での嫌な思い出の一つが、踊りの練習で、何度やっても私一人だけ間違えて、間違えた動きをした足や手をバシバシたたかれ、「また、アンタかな!」と叱られたことです。今思えば、踊りを図解したカードでも作って、順番に並ばせる遊びをやらせてくれたら、たぶん、覚えられたんじゃないかなーなどと思っています。


  1. 2016/06/04(土) 12:29:46|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR