どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

やそばの清水

 坂出市西庄に八十場(やそば)という変わった地名がある。たまに電車が停まるJR八十場無人駅もある。

003_convert_20120724174852.jpg

 ここに昔から枯れたことのない湧水がある。それも、ガンガン流れている。金毘羅参りなどの旅人が一休みしたこの地に、トコロテン屋さんが現れた。いま創業200余年の清水屋さんだ。

008_convert_20120724175230.jpg

 「トコロテンはトコロテンでしょう」と思って、食べてみると、「う、うまい!」。インターネット販売までしているわけだ。

yasoba_convert_20120724194649.jpg

 金毘羅参詣名所図会に載っている絵。水、飲んでます。文章の終わりごろに、この水を飲んだら病気にならないとかなんとかって、書いてませんか?(古文書が読めない。)

004_convert_20120724175037.jpg

 掲示板にあるように、景行天皇(紀元前13年~紀元後130年、長生きです)の第17皇子・讃留霊王(さるれお)が瀬戸内の怪魚退治に来て、ピンチのときこの水を飲んで元気百倍になったらしい。ちなみに、この人のお兄さんに日本武尊さんがいる。この方は結局、讃岐にとどまって、子孫が有名な氏族になったらしい。

IMG_0278_convert_20120724192506.jpg

 別名、神櫛王(かみくしのみこ)さんといい、高松市牟礼町に陵墓がある。もちろん、宮内庁管轄。

IMG_0276_convert_20120724192607.jpg

 「寒煙蔓草(かんえんまんそう)」は荒れ果てた様子。松平頼聰(まつだいらよりとし)は最後の高松藩主。「~藩知事」は、1869年の版籍奉還で大名がそのまま地方官として「知藩事(ちはんじ)」として置かれたもの(旧幕府直轄領は府・県)。役職名は「知藩事(藩の事を司る)」だが、個別には「~藩知事(~藩・事を司る者って感じ)」と呼んだ。2年後の廃藩置県で廃止、全員東京に集められ華族として、のちの貴族院の構成者となる。・・・話を八十場にもどして、ライオンズクラブの掲示板にあった、もうひとつの話。

005_convert_20120724174948.jpg

 この写真と絵図はよく似てますが、江戸時代のこと。それよりずっと遡る平安時代。崇徳上皇の御尊体をこの霊水にひたしたという場所でもあります。そのころの位置は少し水源寄りだったとか、聞いたことがあります。

009_convert_20120724175140.jpg

 このお地蔵さんがいつからあるのかは分かりませんが、「讃岐のお地蔵さん」によれば、北向きのお地蔵さんで、お参りすると子どもが授かるというので、一度、盗まれたそうな。いまは二代目らしい。また、七夕の晩にこのお地蔵さんの下の水をいただいて髪を洗うと汚れがよく落ちるらしい。シャンプーでも落ちないおおごとが、たまたま七夕ごろ起きたら、ぜひ試してみたい???





  1. 2012/07/24(火) 20:50:32|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三豊市の謎の石造物2つ | ホーム | 高松市・渋柿地蔵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/12-2fd8a6ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR