どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

岡山市中心部を歩く

PC250002_convert_20130115171812.jpg

 後楽園の北東の橋を渡ると、夢二美術館です。ここはかつての西大寺鉄道(1910~62年)の起点・後楽園駅の跡です。美術館は西大寺鉄道の後身・両備グループによって維持されています。

PC250067_convert_20130115172004.jpg

 夢二美術館から北東へ直線で約1kmの大林寺です。

PC250074_convert_20130115172120.jpg

 日蓮宗の寺院ですが、帝釈天堂があり、庚申信仰でも知られています。

PC250073_convert_20130115172045.jpg

 三猿が、狛犬になりきってます。どこか、シュール。

PC250004_convert_20130115171852.jpg

 今度は、後楽園の南端に近い古京町。内田百閒(1889~1971年)生家跡です。なぜ牛の像かというと、丑年生まれであることから、子どものころに牛マニアになり、ペットとして飼っていたそうです。

PC250006_convert_20130115171929.jpg

 「木蓮や塀の外吹く俄風」という百閒の句です。

PC250079_convert_20130115172157.jpg

 後楽園の西の橋を渡ると出石町で、ここには国吉康雄生家跡があります。

PC250081_convert_20130115172245.jpg

 国吉さんの絵に出てくるとんがった牛。百閒さんも牛の像で、こんがらがりそう。

PC250084_convert_20130115172314.jpg

 1889~1953年。国吉さんの絵はインパクトがあるので、多くの方が見覚えがあると思います。ウーパールーパーみたいな子どもや、どこか、ムーミンぽい女性…。

PC250086_convert_20130115172348.jpg

 付近には、レトロな建物がいっぱい。

PC250089_convert_20130115172423.jpg

 昭和だ。
 実は若かりし頃、大学受験の前日、現地で宿を探すという行き当たりばったりぶりを発揮し、ここ出石町に宿を見つけました。当時としても、かなりな宿で、隣の部屋との堺が衾でした。しかも、向こうが若い女性だったので、ドキドキしたのを覚えています。

PC250093_convert_20130115172458.jpg

 こういうのも昭和っぽいですねー。

PC250095_convert_20130115172532.jpg

 きりがないので、この辺でやめましょう。
 大学生のサークル活動で竹内流古武道を習いましたが、こっちの方にあった木工店で棒術の棒を買っていたのもよき思い出です。いまは、別の武道具店で扱っているようです。

PC250098_convert_20130115172639.jpg

 最後は、ちょっと離れています。後楽園から西へ、岡山駅をまたいで2km以上、北区島田本町の坪田譲治生家跡です。クスノキは生家にあったものらしいです。


  1. 2013/01/15(火) 20:28:17|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇高連絡船記念展示場(高松市) | ホーム | 重源(岡山市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/153-2acfc9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR