どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

御番鍛冶(倉敷市・瀬戸内市)と長船町福岡

IMG_4178_convert_20130123092656.jpg

 倉敷市のイオン倉敷から北東へ2km程行った所に、「青江の井戸」があります。

IMG_4175_convert_20130123092544.jpg

 鎌倉時代の初め、後鳥羽上皇が刀剣を作らせるために全国から集めた「御番鍛冶」が12人いました。うち、備前の刀工が7人、備中の刀工が3人、他2名は山城粟田口の国安・国友でした。
 備中の3人(貞次・恒次・次家)は青江鍛冶でした。

IMG_4169_convert_20130123092445.jpg

 ちょっと心細くなる道です。

IMG_4168_convert_20130123092320.jpg

 どうやら、これが「青江の清水」のようです。

2005424043_convert_20130123090804.jpg

 「御番鍛冶」の備前の7人(則宗・延房・宗吉・助宗・行国・助成・助延)は「福岡一文字派」と呼ばれています。  
 瀬戸内市長船町福岡の「福岡一文字碑」です。
 説明板によれば、福岡一文字派は、銘に「一」の字を切るものが多かったことからそう呼ばれたそうです(個銘だけのものもあります)。また、福岡庄は、平安時代末期から鎌倉時代の正中元(1324)年に東寺の荘園となるまでは、皇室の重要な荘園でした。そして、「東寺百合文書」から、福岡一文字派の刀工たちは福岡庄の吉井周辺に居住し、皇室の庇護を受け広い給田を所有し、安定した生活をしていたことがうかがえるそうです。

2005424045_convert_20130123090852.jpg

 福岡は中世に栄えた町として有名です。少し、回ってみましょう。

2005424040_convert_20130123090641.jpg

 『一遍上人絵伝』でもお馴染みの「福岡の市」が開かれていたことでも有名です。

2005424041_convert_20130123090717.jpg

 絵は、一遍上人を切ろうとした連中が、すっかり感化されていしまう場面です。絵の中には、備前焼などたくさんの品物や食品が描かれています。

2005424056_convert_20130123091532.jpg

2005424055_convert_20130123091446.jpg

 江戸時代の村の共同井戸が4つ残っているそうです。

2005424046_convert_20130123090938.jpg

 妙興寺です。

2005424051_convert_20130123091407.jpg

 偉いお医者さんの像らしいです。戦時中の銅像の供出で、備前焼の像になったそうです。

2005424047_convert_20130123091028.jpg

 宇喜多興家さんの墓です。

2005424048_convert_20130123091103.jpg

 戦国の梟雄・宇喜多直家の父です。

2005424049_convert_20130123091155.jpg

 こちらは黒田家の墓です。

2005424050_convert_20130123091233.jpg

 説明板によると、黒田高政が永正八(1511)年に福岡に移住し、重隆・職隆とこの地の発展に尽くした。職隆は播州姫路城主となり、子官兵衛孝高が織田、豊臣両氏に属し備中高松城の水攻や、四国九州の平定などに功があった。子の長政は関が原の役に家康を援けて筑前52万石に封ぜられ、出身地の備前福岡から「福岡」と命名したそうです。

200533026_convert_20130123090542.jpg

 吉井川の河原のゴルフ場の一部に、備前・福岡城跡がある。古くは鎌倉時代に遡り、のち、浦上氏の城でもあったようです。

200533021_convert_20130123090454.jpg

 「渋染一揆結集の地」としてのほうが有名かもしれません。

200533020_convert_20130123090358.jpg

 多くの百姓一揆と同様に、成果を上げることができたが、また、6名が獄死するなど厳しい戦いでした。江戸時代のこうした民衆の姿を見るにつけ、特にその指導的立場の人々の教養の高さと高潔さに打たれます。



  1. 2013/01/23(水) 18:47:59|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神谷神社・石井天満宮・福の宮神社・総社神社・相模坊社(坂出市) | ホーム | 智証大師降誕浴灌井(ちしょうだいしこうたんよくかんい)伝承地(善通寺市原田町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/161-03f28b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (125)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR