どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

石船積石塚古墳など(高松市)

DSCN0408_convert_20130212103201.jpg

 高松市の石清尾(いわせお)山古墳群にはたくさんの古墳が密集しています。自動車で行ける所まで行って、このあと少し歩きます。今回は、石船積石塚古墳だけ見に行きます。

DSCN0409_convert_20130212103325.jpg

 すぐ展望台があります。特に、遠くまで風景が広がってはいません。すり鉢状になっていて、家や畑などがこまごま存在します。

DSCN0410_convert_20130212103413.jpg

 迷路です。一番高い所まで登ってきました。

DSCN0450_convert_20130212104720.jpg

 百を超える古墳があるっていうのも、そうとう珍しいと思います。

DSCN0449_convert_20130212104632.jpg

 ここを入っていきます。

DSCN0448_convert_20130212104548.jpg

 すぐ掲示板が見えます。

DSCN0413_convert_20130212103623.jpg

 後円部に、枕のついた船形の石棺があるそうです。

DSCN0416_convert_20130212103742.jpg

 後円部が見えます。

DSCN0418_convert_20130212104029.jpg

 写真では分かりづらいのですが、なんとなく道ができていて登りやすくなっています。

DSCN0422_convert_20130212104118.jpg

 登るとまず、石棺らしきものが目に飛び込みます。

DSCN0424_convert_20130212104220.jpg

 左手にも、小さい石室のようなものが。

DSCN0425_convert_20130212104308.jpg

 右が石棺で、左は蓋だということです。濁った水と落ち葉で、中は全く分かりません。

DSCN0433_convert_20130212104405.jpg

 前方部です。全体の形状は取っ手付きの鏡そのもので、取っ手にあたる前方部の方が短い感じです。

DSCN0438_convert_20130212104456.jpg

 前方部から見ています。ここの古墳群の中で積石塚は4~5世紀のものだということです。
 石棺の石材は国分寺町の鷲ノ山産です。鷲ノ山の麓の石船天満宮に、同じ石材でできた、やはり枕付きの石棺が祭られています。見に行きました。

P6300001_convert_20130212105355.jpg

 石船石棺といわれています(高松市国分寺町新名1879)。

P6300011_convert_20130212105726.jpg


 石を刳(く)り抜いてつくった刳抜式石棺で、石舟池(1km程南、上を高速道路が通過)の堤防下で発見されました。両側に突起部があります。

P6300005_convert_20130212105431.jpg

 鷲ノ山の石でつくった石棺が、石清尾山の石船積石塚古墳を含め県内で8例、大阪府で2例確認されているそうで、石船池周辺が製作工房と推定されているそうです。

P6300008_convert_20130212105524.jpg

 タテに見たらこんな感じ。

P6300009_convert_20130212105631.jpg

 枕があります。


オマケ

【前期】3世紀後半~4世紀、瀬戸内・近畿中心、竪穴式石室、
    副葬品=銅鏡(三角縁神獣鏡など)・玉・腕飾り、被葬者=司祭者、
    箸墓古墳(奈良)など
【中期】4世紀末~5世紀、全国化・大型の前方後円墳、竪穴式石室、
    副葬品=武具・馬具、被葬者=武人的性格、
    大仙陵古墳(仁徳陵?)・誉田御廟山古墳(応仁陵?)など
【後期】6世紀、近畿中央部は巨大な前方後円墳、地方は小規模化…連合→大王への服属
    横穴式石室が一般化、多量の土器を副葬(土師器・須恵器)←葬送儀礼、形象埴輪
    地域色=石人・石馬(九州北部)・装飾古墳(福岡県・竹原古墳など)、
    群集墳=有力農民層の台頭
【古墳の消滅】7~8世紀←仏教伝来・大化の薄葬令(646年)








  1. 2013/02/12(火) 18:27:10|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<萩前(はぎのまえ)・一本木(いっぽんぎ)遺跡(高松市) | ホーム | 香川県のお土産など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/181-fe08bad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR