どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

尾道の町歩き

IMG_3241_convert_20130227134208.jpg

 尾道造酢株式会社です。レトロ好きの心をくすぐる建物ですが、大阪にも会社を持つ元気な会社です。会社概要に、創業・天正10(1582)年とあります。江戸時代には藩の保護を受けて大繁栄していました。業務用の「カクホシ酢」が料理人の支持を得ているそうです。

IMG_3247_convert_20130227134730.jpg

 営業しています。

IMG_3252_convert_20130227134849.jpg

 ここにも、いい感じの路地。

IMG_3253_convert_20130227135021.jpg

 高さを競ったんでしょうか?

IMG_3256_convert_20130227135205.jpg

 奥にあるのは御袖天満宮。寺社が密集しているのも尾道の特徴。

IMG_3260_convert_20130227135317.jpg

 昭和な建物、株式会社山本慶造商店。昆布を扱っているようです。江戸時代は北前舟で栄えた町なので、昆布の商売も発展したはずです。

IMG_3265_convert_20130227135622.jpg

 「こら、起こすんじゃねー」という目。

IMG_3271_convert_20130227135755.jpg

 近頃、歩いているのより、宅急便の絵の方がよく見る黒猫。

IMG_3277_convert_20130227140040.jpg

 岡山県笠岡市に生まれた画家、森谷南人子(もりたになんじんし1889~1981年)さんの旧居です。

IMG_3276_convert_20130227135913.jpg

 憩いの場として修復、「南人子さんとこ」としてオープン、みたいな記事を見て飛んで行きました。ちょっと早すぎたようです。まだ、庭は草ぼうぼうで、大きな石がゴロゴロ、猫が4、5匹といった有様でした。中も、関係者の方々が何やら相談中でした(写真右あたり)。

IMG_3281_convert_20130227183437.jpg

 左の建物がそうです。おそらく、今はきれいになっていると思います。なぜ、喜んで見に行ったのかというと、南人子さんの絵が大好きだからです。穏やかでやさしい田園風景は、ここに生きてみたかったと思わせる郷愁あふれる美しさです。笠岡市「竹喬美術館」で見ました。竹喬美術館は、有名な小野竹喬さんの絵が中心ですが、よく企画展を開催する意欲的な美術館です。竹喬さんの絵も大好きです。実は、かなり傾向が重なります。

IMG_3285_convert_20130227183631.jpg

 出ました坂道。

IMG_3286_convert_20130227183757.jpg

 あやしい雰囲気がいいです。

IMG_3291_convert_20130227184156.jpg

 柳水井(りゅうすいい)という湧水です。

IMG_3289_convert_20130227183922.jpg

 豊臣秀吉が尾道に滞在したとき、この水でお茶をたてたといわれています。

IMG_3299_convert_20130227184320.jpg

 『何だ、この大きな家は?』

IMG_3301_convert_20130227184446.jpg

 かつて存在した地元の新聞のようです。この配達所もいい建物です。

IMG_3306_convert_20130227184627.jpg

 大林宣彦監督の映画『時をかける少女』に出てきます。

IMG_3316_convert_20130227184806.jpg

 料亭「竹村」の内部が、小津安二郎監督の『東京物語』に出てきます。

2006930003-2_convert_20130227184909.jpg

 すぐ近くの料亭「魚信」は、大林監督の映画によく出てきます。






  1. 2013/02/27(水) 20:08:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野崎家旧宅(倉敷市児島) | ホーム | 尾道(広島県)と作家たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/197-db487ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR