どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

夢二生家・少年山荘(岡山県瀬戸内市邑久町)

200531001_convert_20130301133458.jpg

 1.15のブログで岡山市の夢二美術館を紹介しました。今回は、邑久町にある竹久夢二さんの生家です。1884(明治17)年~1934( 昭和9)年にかけて、50年の生涯を送りました。この生家では16歳まで過ごしました。家は造り酒屋でした。

200531003_convert_20130301133556.jpg

 昭和40年ごろまで、こうした川船が行き交っていたそうです。

200531004_convert_20130301133637.jpg

 田園の広がる穏やかな気候が、夢二さんの性格に影響したかもしれません。

200531005_convert_20130301133730.jpg

 家の中は素朴なつくりです。ここでも岡山市の夢二美術館同様、たくさん絵を展示していたり、グッズを販売していたりします。絵葉書や一筆箋はよくありますが、有名な夢二さんの絵をデザインした文房具がいろいろあります。猫の絵が多かったように思います。

200587004-2_convert_20130301133934.jpg

 1924(大正13)年に東京に建てたアトリエ・少年山荘を復原したものです。

200587006-2_convert_20130301134127.jpg

 こちらが正面。中は撮影禁止でした。あまり覚えていないので、殺風景だったと思います。

200587005-2_convert_20130301134030.jpg

 彦乃さんは、夢二さんがつきあった2人めの女性ですが、結核のため若くして亡くなりました。

200587008-2_convert_20130301134239.jpg

 周りの木々も夢二さんが植えたのと同じだそうです。

200587001-2_convert_20130301133831.jpg

 あまり覗いていると、怪しい人になったような気がします。夢二さんの絵が最初に世に出たのは、日露戦争に反対していた幸徳秋水さん(顕彰する会のHPがあります)の「平民新聞」などの、反戦的な新聞類の挿絵でした。平和を愛する青年だったようです。






  1. 2013/03/01(金) 17:37:08|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<うたづの町家とおひなさん・1(宇多津町) | ホーム | 野崎家旧宅(倉敷市児島)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/199-02754b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夢二郷土美術館 分館(夢二少年山荘)

本年最後は、竹久夢二の生家をご紹介しましょう。 場所は、岡山県瀬戸内市です。 こじんまりとした古い建物で、250年ほど前のものです。 夢二が16歳まで、ここで過ごしたそうです。 内部には少しですが、作品が飾られていました。 庭にはなぜか、舟なんか置いてあります。 生家から少し歩いたところに、夢二の世田谷のアトリエ兼住居を再現した、少年山荘があります。 本...
  1. 2015/12/31(木) 13:21:23 |
  2. ミュージアムに行きました。

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (57)
史跡・文化財など (345)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (117)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (70)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR