どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

山中一揆(さんちゅういっき)(岡山県真庭市)

IMG_7291_convert_20130310211547.jpg

 前回のブログで最後に出てきた新庄川です。この付近は「今井河原」というそうです。

IMG_7289_convert_20130310211422.jpg

 山中一揆は、享保年間(1716~35年、8代将軍吉宗のころ)に起こった大規模な農民一揆です。山中地方は現在の真庭市で、この地方を幕府が津山藩から取り上げることになったとき、事件が起こりました。藩が例年より早く納めさせていた年貢米は、幕府に納めなければならないため、農民はこれを持っていかないように求め、了解を得ました。しかし、藩側が約束を破ったため、3000~4000人の大一揆が起こり、その結果、51名もの農民が処刑されました。

IMG_7281_convert_20130310211308.jpg

 河原のすぐ近くにある六十六部廻国碑はこのころ作られたもので、一揆の犠牲者のお墓がわりに作った可能性があるそうです。

IMG_5459_convert_20130310210955.jpg

 美甘村の義民の墓です。

IMG_5465_convert_20130310211111.jpg

 そこから村を見た風景です。尋ねたのは雪の日でしたが、地元の人にすれば「これぐらいクルマで行ける」と道を教えられましたが、少し山を登ったところで諦め、あとは歩きました。

IMG_7297_convert_20130310211650.jpg

 蒜山まで来ました。

IMG_7315_convert_20130310211822.jpg

 いい風景が広がっています。

IMG_7317_convert_20130310212131.jpg

 
 「社田(こそだ)義民の墓」。西茅部社田・治郎兵衛さんの墓です。「刃了禅定門、享保十二宗天正月十三日」とあります。

IMG_7316_convert_20130310211936.jpg

 6月の第一日曜日に義民祭を行っているそうです。

IMG_7321_convert_20130310212254.jpg

 ここからの景色です。

IMG_7327_convert_20130310212352.jpg

 「田部の義民の墓」があります。

IMG_7331_convert_20130310212645.jpg

 西茅部村の犠牲者20人の墓です。

IMG_7329_convert_20130310212508.jpg

 場所を教えてくださった方が、やはり、義民祭のことをおっしゃっていました。

IMG_7333_convert_20130310212801.jpg

 ここからの景色。

IMG_7346_convert_20130310213418.jpg

 田んぼの向こうに、「大森の義民親子の墓」があります。

IMG_7342_convert_20130310213254.jpg

 父の七左衛門さんと子の喜平治さんは院庄の河原で打ち首になりました。

IMG_7339_convert_20130310213041.jpg

 地元で祠をつくって供養しています。

IMG_7544_convert_20130310220457.jpg

 蒜山・川上村笠木の又兵衛さんの墓です。土居河原で打ち首になりました。散歩中の方に尋ねると、ちょうどご子孫の方で、「ああ、うちのお墓です」と案内していただけました。関係者のお墓には「刃」という字が書かれてあると教えてくださいました。享保12年の字が読めます。

IMG_7543_convert_20130310220411.jpg

 付近の風景です。

IMG_7360_convert_20130310213728.jpg

 塩釜の冷泉を見てきました。

IMG_7366_convert_20130310213818.jpg

 勝手に汲んで帰ってはいけません。ペットボトルを売っていて、蛇口から汲むシステムになっていました。この後、国道313号線を南へ向かいます。

IMG_7369_convert_20130310214045.jpg

 「湯原町・土居の義民の碑」。この付近で、総大将の徳右衛門さんが捕らえられ、前の土居河原では25名もの処刑が行われました。題字は岡山県知事だった長野士郎さんです。

IMG_7379_convert_20130310214507.jpg

 すぐ100mほど南、国道脇にある徳右衛門さんの碑。

IMG_7389_convert_20130310215132.jpg

 さらに南に向かうと、徳右衛門さんとともに一揆の中心人物だった樋口弥治郎さんの生誕地があります。勝山町見尾。生家は昭和43年まで残っていたが、老朽化がひどくなって解体されたようです。近くまで来て、畑仕事をされていた方に場所を尋ねたのですが、またしても、その方がご子孫の方でした。

IMG_7487_convert_20130310215504.jpg

 樋口弥治郎さんの碑です。横に小さく写っているのは「忠犬碑」といわれ、山中に隠れ住んだ弥治郎さんのために食糧を運んだ飼い犬の碑です。

IMG_7384_convert_20130310214616.jpg

 字が小さくてすいません。昭和43年まで残っていたという家と、隠れ住んだ洞窟の写真があります。

IMG_7388_convert_20130310215002.jpg

 弥治郎さんが隠れた裏山です。お家の方によると、洞窟へ行くルートは滑りやすく、かなり危ないそうです。にもかかわらず、洞窟まで行くなら案内しますよと、とてもご親切におっしゃってくださったのですが、お怪我でもされたら大変なので、丁重にお断りしました。本当に親切な方でした。

IMG_7387_convert_20130310214843.jpg

 洞窟付近を指差してくださったので、場所を示す掲示板らしきものを望遠で撮影。

IMG_7501_convert_20130310215636.jpg

 ちょっと恐そうな橋が架かっています。旭川沿いの313号線です。

IMG_7658_convert_20130310220611.jpg

 院庄の首なし地蔵です。院庄滑川刑場で首謀者6名が処刑されました。

IMG_7662_convert_20130310220648.jpg

 村人が哀れんでお地蔵様を作ったそうですが、なぜ、首がないのかは不明です。なお、説明文で徳右衛門さんと弥治郎さんとのお名前が混同されているのは誤りで、6名が正しいと思います。

IMG_7531_convert_20130310215904.jpg

 湯原町・大林寺です。

IMG_7538_convert_20130310220241.jpg

 「妙典塚」といいます。犠牲者51名の供養塔で、1833年に住職が建てたものです。

IMG_7535_convert_20130310220027.jpg

 わざと日付を変えるなどして、藩の目をごまかしたそうです。











 




  1. 2013/03/11(月) 21:47:38|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<後楽園(岡山市)の桜 | ホーム | 凱旋桜(岡山県真庭市新庄村)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/209-8fb81ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR