どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

高鉢山の風穴(ふうけつ)

P8080018_convert_20120808210609.jpg

 綾川町に高鉢山というオムスビ型の山があります。飯野山が一番有名な讃岐七富士の一つです。ここの頂上付近、キャンプ場近くに風穴があります。

P8080005_convert_20120808210705.jpg

 夏の山は、できるだけ遠慮したい。ヘビだの蜂だのが多い、特に、クモ・昆虫が激増するからいやだ。いきなり、ハエがブーンとよってきたり(食べ物じゃないぞー)、カがプイーンと攻めてくる(「ウワオッ!」)。そんな状況だったので、ここを入るのは多少勇気がいった。ハチとか来たら、逃げ場がない。
 ところが、一歩入ると冷気が・・・も、もう、この段階で?

P8080006_convert_20120808210837.jpg

 角を曲がると、ハイ、行き止まり。洞窟ではありませんでした。しかし、この涼しさは、とりあえず満足。冷蔵庫なみ。温度計がある。

P8080011_convert_20120808210923.jpg

 5度です。この日、最高気温は34度。冷気はどこから??? この石組の奥は、どうなってたんでしょう?
 ちなみに、キャンプ場は建物も古びて侘びさびて?ます。「風穴」の看板も壊れかけで、最初気づかず、自動車で通り越しました。気づくと、下り坂で急に狭くなり、草木深しの森がアスファルトの上にモリモリ越境し、クルマの両側を枝葉や草が擦り始める。どっかで回さなきゃと思うが、道は狭くなる一方。「うねうねの山道をとてもバックできない」と泣きたい気持ちで、進めば進むほどバックすべき距離は長くなる。どっかで「回せる」ことを信じて前進、開けた所に出たときは、うれしいやら、夢に見そうな気持ちやらで「トホホ」感がどっと湧いた。さらに、風穴見物のあとクルマに乗って、カーナビなんぞをいじっていると、クルマに何かが繰り返し当たる。ポテ、ポテ、ポテと、スズメバチが愛車を攻撃している。外にいるときでなくよかった。これってラッキーなのだろうか?
  1. 2012/08/08(水) 22:09:16|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿伏兎(あぶと)観音(福山市) | ホーム | 哲学書の翻訳について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/21-e472122e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (125)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR