どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

大麻山(おおさやま)の桜

 桜の名所シリーズ?です。今回は、大麻山(おおさやま)です。9月8日のブログ「大麻山の工兵道」、9月3日の「野田院古墳・大麻山」にも、この山のおもしろさを紹介していますので、ぜひ、読んでください。

IMG_8714_convert_20130316114001.jpg

 行き方は、善通寺市のHP内「善通寺市デジタルミュージアム」などでご確認ください。初めての方は、まず野田院古墳とそこからの光景に感激して、時間を費やすことでしょう。頂上へは、さらにクルマで行き止まり(鉄の門が閉まっている所)まで行きます。門があいておれば、もう少しクルマで行けるんでしょうか?私は、それを見たことがありません。いまのクルマが坂道を自然に下るとは思いませんが、用心のため石で車止めをして、ちょっとだけ急な坂道を少し歩けば頂上です。

IMG_8668_convert_20130316112204.jpg

 4月中に行った写真だったと思うのですが、まだ、つぼみが多いようです。

IMG_8670_convert_20130316112443.jpg

 こんな道が延々3km続いて、金毘羅さんのある象頭山につながっています。

IMG_8672_convert_20130316112603.jpg

 丸亀城の桜と比べると、ちょっと隙間が多いかも…。

IMG_8675_convert_20130316112723.jpg

 四国新聞のHP内「21世紀へ残したい香川」によると、もともと善通寺市民の手で植えられたもので、「山頂の桜並木は三十年の月日を経て、病気などのため本数が減ったり、樹勢が衰え出した。…桜並木の管理者は…若木を植えるなどの対策も始めている」そうですが、この記事からすでに約10年たっており、当時と比べてどうなのか不明です。私自身、大麻山にはよく登りましたが、桜を見に行ったのは最近で、この写真を撮った1回きりです。また、行ってみようかな。

IMG_8677_convert_20130316112829.jpg

 つぼみが多かったことも差し引かないといけない。満開ではもう少し、豪華になると思います。

IMG_8707_convert_20130316113842.jpg

 十分、きれいです。

IMG_8680_convert_20130316112946.jpg

 左側が、ちょっと弱っているのかも。キツツキがけっこういます。中に虫がいるようです。

IMG_8683_convert_20130316113048.jpg

 元気になってほしいものです。

IMG_8684_convert_20130316113300.jpg

 3kmも続く桜並木、しかも、標高616.3mの周囲を遮る山がない空中庭園です。ここに豪華絢爛な花びらが分厚く続いていたら、すごい魅力的です。

IMG_8686_convert_20130316113413.jpg

 町の喧騒から隔絶した場所に、きれいなハイキングコースがあるだけでも財産。

IMG_8688_convert_20130316113544.jpg

 延々続きます。

IMG_8702_convert_20130316113707.jpg

 ここら辺りで引き返しました。

IMG_8720_convert_20130316114154.jpg

 向こうに飯野山(讃岐富士)、すぐ前にあるのが、左が鉢伏山、右が如意山、その間が買田池です。飯野山から右に延びるラインが土器川で、同じく左に延びるのが高速道路です。

IMG_8721_convert_20130316114308.jpg

 宇多津、丸亀、多度津の海岸が見えています。前に紹介した、工兵道もちょっとした探検を味わせてくれますし、野田院古墳まではクルマで来れるので、ぜひ、見に来てください。ただし、山道は舗装され恐い道ではありませんが、すれ違えない部分が多いので、十分な注意が必要です。

  1. 2013/03/16(土) 17:24:39|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牛窓町(岡山県瀬戸内市) | ホーム | 美甘村、まだこんなものが(真庭市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/214-cbcf52f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR