どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

鍛冶屋谷(かじやだに)たたら遺跡(真庭市)

IMG_7552_convert_20130320202321.jpg

 「たたら展示館」の向かいに建っていた「旧森江家住宅」。

IMG_7554_convert_20130320202412.jpg

 山間農家ということで、今回のテーマと直接関係ないのでした。史跡へ行く前に「たたら展示館」に置いてあったものを紹介したいと思うのですが、展示館の外観を撮るのを忘れたので代わりに向かいのお家を載せました。

IMG_7561_convert_20130320202703.jpg

 砂鉄です。たたら製鉄は砂鉄を熱して作ります。砂鉄にも、玉鋼(たまはがね、刀用)の原料になる質のよいものと、銑鉄(せんてつ=ズク、包丁など用)の原料にしかならないものがあります。

IMG_7560_convert_20130320202539.jpg

 「母岩」と書いています。鉄鉱石などを含んだ岩石です。

IMG_7562_convert_20130320202817.jpg

 たたらの守護神「金屋子神(かなやこじん)」です。

IMG_7563_convert_20130320202933.jpg

 風を送るふいご。

IMG_7565_convert_20130320203049.jpg

 鉧(ケラ)。鉄の塊です。たたら製鉄では、3日間熱する過程で、要するにこれをドンドン大きな塊にしていきます。最終的に、ケラのなかからいい部分をランク付けしてよりわけます。一番いい部分が玉鋼です。日立金属のHPによると、13トンの砂鉄と13トンの木炭を投入して、2.8トンのケラが得られ、そのうち玉鋼は1トン以下だといいます。

IMG_7572_convert_20130320203523.jpg

 林の中を少し歩けば、「鍛冶屋谷たたら遺跡」があります。

IMG_7573_convert_20130320203615.jpg

 見取り図です。

IMG_7574_convert_20130320203815.jpg

 ワクワクします。

IMG_7580_convert_20130320204020.jpg

 「元小屋」とは全体を仕切る事務所で、材料の購入、仕事の采配、製品出荷などをします。「山内(さんない)小屋」とは働く人の寝泊まりした所らしいです。

IMG_7587_convert_20130320204154.jpg

 例によって、誰にも会うことはないようです。

IMG_7588_convert_20130320204329.jpg

 「金池」はよく分かりません。

IMG_7593_convert_20130320204524.jpg

 誰もいない山中は不気味なんですが、それがまた子どもっぽいわくわく感を引き起こします。

IMG_7596_convert_20130320204728.jpg

 たたらの守り神「金屋子神」が鎮座しています。

IMG_7602_convert_20130320204928.jpg

 水は透き通っています。

IMG_7604_convert_20130320205538.jpg

 ところどころ石垣が残ります。

IMG_7605_convert_20130320205733.jpg

 向こうに四角い、幼稚園のプール程のへこみがあります。

IMG_7607_convert_20130320205816.jpg

 ちょっと分かりづらいですね。先にも挙げた「日立金属」のHPを見てください。「たたら製鉄」の詳しい紹介があります。プロジェクトXの会社は日立金属安来製作所だったようです。

IMG_7608_convert_20130320210003.jpg

 稲荷神社もあったようです。

IMG_7609_convert_20130320210145.jpg

 「砂鉄置場」。

IMG_7611_convert_20130320210322.jpg

 こういうとき、写真を早めにまとめておけばよかったなあと思う。どれとどれが同じものを別角度から見たものやら、訳が分かっていません。

IMG_7617_convert_20130320210510.jpg

 この辺が説明板にあった「溶鉱炉跡」のはずです。つまり、ここがたたら製鉄を行った場所です。

IMG_7637_convert_20130320210643.jpg

 川の水は反射がなければ写らないほどきれいです。

IMG_7640_convert_20130320210824.jpg

 「かなくそ」は現在スラグと呼ばれる、使い道のない部分です。この辺に捨てられたようです。

IMG_7652_convert_20130320211003.jpg

 また、林を抜けてクルマに戻りました。時たま、こんな場所でも人に出くわし、すごくビックリすることがあります。特に、人の存在に気づかず、感心して「ほー」とか連発していた時…。

IMG_7654_convert_20130320211243.jpg

 ミヤマカタバミ?

  1. 2013/03/20(水) 22:19:06|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岡山孤児院発祥の地(岡山市) | ホーム | 善通寺の涅槃桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/218-c5065834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR