どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

飯野山(丸亀市・坂出市)

2006_convert_20120811113621.jpg

 丸亀市・宮池から見た飯野山。標高421.9m。崇徳上皇の亡くなった3年後、岡山県から三豊市三野町に上陸し、白峰御陵まで旅した西行さんは、「讃岐には これを富士と いひの山 朝げの煙 たたぬ日もなし」と歌っています。

P3050040_convert_20120811104924.jpg

 頂上まで小一時間かかります。ルートはきつい直登コースより、ぐるっと回るほうが景色も道もいいです。幼稚園の頃、今は亡き父と犬を連れて直登コースを行き、えらくて(通じない地方もあるようです→「しんどくて」の意)泣きそうになりました。写真は、瀬戸大橋を見たもの。

P3050074_convert_20120811105117.jpg

 摂政宮の歌碑に刻まれているのは、のちの昭和天皇が大正11(1922)年、陸軍大演習で香川県を訪れた時に詠んだ歌です。「暁に 駒をとどめて 見渡せば 讃岐の富士に 雲ぞかかれる」。平成17年に新日本百名山に選ばれた記念の石碑が右。

P3050080_convert_20120811105703.jpg

 頂上につくとまず目に入る巨石。先に述べた幼稚園時の登山で、この岩に腰かけた際、父に「それで火山にフタしとんぞ。乗っりょったら、ボカンゆんぞ」と脅かされ、「うわーん!」と、疲れもろともからだが吹っ飛んだのを覚えている。

IMG_3420_convert_20120811103911.jpg

 道の途中に、こんな溶岩がながれた跡みたいなところもあるが、丸亀市のHPによると、火山ではないらしい。標高200m以上の部分は、いわゆる「カンカン石」(古銅輝石安山岩、残念ながら、五色台のほどよい音がしない)で、標高200m以下は、花崗岩で、恐竜のいた中生代のころの溶岩が固まったものらしい。

 IMG_3390_convert_20120811102853.jpg

 頂上付近は巨石が多く、磐座(いわくら)信仰といって、巨石に神様が宿ると信じられた。写真は、「おじょも(という巨人)の足跡」と言われ、有名です。おじょもがオムスビのようなけっこい(きれいな)山を作ろうとして、うまくできたのが飯野山で、失敗作が青野山と象頭山(ぞうずざん)。足跡は、おじょもが飯野山と象頭山に足をかけ、おしっこをしたときにできた。そのおしっこが流れたのが土器川といわれる。

P3050060_convert_20120811105012.jpg

 飯野山から見た土器川(左右に流れる)。左隅が象頭山。おじょものしょんべんが飛び散って池になったという話もある。香川県のため池の数は14,619。その数は日本第3位だが、面積が日本一狭い香川県のこと、その密集度は日本一です。特に、空海の指導による満濃池は日本最大です。

IMG_3408_convert_20120811103033.jpg

 ねこも登山してます。

IMG_3450_convert_20120811104055.jpg

 イヌも登ってます。下山するとき現れ、しばらく前を歩いては、日陰で待っているということを繰り返し、ずっと同行してくれました。いまもどこかで、達者で暮らしていますように。

P6110050_convert_20120811110705.jpg

 宇多津金毘羅街道の垂水茶堂跡(ここらへんで土器川を西へ渡った)からの、讃岐富士(飯野山)。

PB230091_convert_20120811112939.jpg

 まんのう町の大川山(だいせんざん)・標高1043mから見た風景。左端に象頭山、その手前に満濃池。飯野山は中央よりやや右寄りに薄く見える。

PB230072_convert_20120811112645.jpg

 これです。

IMG_1839_convert_20120811102554.jpg

 青野山から見た飯野山。

IMG_0414_convert_20120811102457.jpg

 丸亀城から見た、明け方の飯野山。



  1. 2012/08/11(土) 16:50:04|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男木島(おぎじま)灯台・高松市 | ホーム | 阿伏兎(あぶと)観音(福山市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/23-fa65f801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR