どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

ふるさと探訪・城跡めぐり~丸亀城~(5月26日)に参加して(2)

DSCN4066_convert_20130530145300.jpg

 北側に回ります。20m以上の高石垣が続きます。

DSCN4069_convert_20130530145359.jpg

DSCN4070_convert_20130530145509.jpg

 重量感がありますねー。

DSCN4073_convert_20130530145629.jpg

 「波引き車」と呼ばれる生駒家の家紋を簡略化した刻印。

DSCN4074_convert_20130530145745.jpg

 こちらはかなり摩耗。

DSCN4076_convert_20130530145841.jpg

 三の丸へ。

DSCN4080_convert_20130530150012.jpg

 またまた、南側へ。ちょうど人間が立っている辺りから左は、石垣が継ぎ足された場所。

DSCN4083_convert_20130530150134.jpg

 ここは継ぎ足しが歴然としています。あまり、人が見る位置でもないし、まあいいじゃんという感じ。

DSCN4084_convert_20130530150252.jpg

 前回、土壌も岩盤がないし、上に櫓が乗るしで、地面の下に基礎石垣が埋めてある場所を見ました。その櫓があったのがここ。つまり、前に下から見上げたのがここです。やはり、地面が平たんではなく歪みがあるそうです。

DSCN4085_convert_20130530150345.jpg

 西側へ。右に飛び出た石垣は、補強のためのもの。

 DSCN4089_convert_20130530150750.jpg

 右の石垣が二段構えになっています。上に草が生えているので分かるかと思います。この右にも台形の石垣があり、左右の台形の石垣を補強するために積み上げられました。

DSCN4088_convert_20130530150645.jpg

 刻印。

DSCN4090_convert_20130530150902.jpg

 またまた刻印。

DSCN4093_convert_20130530150951.jpg

 北西の櫓があった場所。1869(明治2)年に藩主館が消失した際、上にあったこの櫓も燃えたそうです。

DSCN4095_convert_20130530151059.jpg

 小さいながら、全国に12しかない現存天守。

DSCN4098_convert_20130530151237.jpg

 明治2年の火事の時、天守北側も少し被害を受けたそうです。このへんの瓦は新しいそうです。

DSCN4102_convert_20130530151344.jpg

 先ほどの所をすぐに登らず、ぐるっと東へ回ってここへ。この上が天守のある本丸。石垣の積み方が粗いです。普段ここに登ったのは係りの者だけでしょうし、もちろん部外者の目には触れない位置なので。右端の方に、溜まった水を流す樋が見えます。

DSCN4104_convert_20130530151436.jpg

 やっと頂上、本丸。右の方、すぐ南に神社の森が見えます。中央から左には池が見えます。あの辺りが境界線で、すぐ南が高松藩だそうです。それで、京極氏は北を玄関にしたそうです。その北側も、東は土器川で高松藩になります。(天領を除く)西讃を支配した丸亀藩ですが、お城は境界ぎりぎりに建っています。

DSCN4105_convert_20130530151545.jpg

 南西方向、善通寺の山々が見えます。

DSCN4108_convert_20130530151641.jpg

 ここで、今回の「ふるさと探訪」は解散となりました。大変勉強になりました。




  1. 2013/06/01(土) 18:34:25|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<専念寺(観音寺市) | ホーム | ふるさと探訪・城跡めぐり~丸亀城~(5月26日)に参加して(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/279-83a9510d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (121)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR