どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

別子八郎の大蛇退治

IMG_3066_convert_20120819212201.jpg

 高松空港のすぐ近く、塩江町の安原下鮎滝を流れる香東川。ガソリンスタンドのうら辺りに、童洞(どうどう)の渕(ふち)はある。伝説では、川底のどこかで鳴門に通じるという。その昔、大蛇が住み、人々を恐れさせていた。これを退治すべく、弓の名手・別子八郎(べっしはちろう)が立ち上がった。

IMG_3069_convert_20120819212325.jpg

 しかし、敵も抜かりはない。八郎の弓から身を守るべく、大蛇は頭から鐘をかぶっての登場だ。八郎は知ったことかと、千本もの矢を放つが、ことごとくはじかれてしまう。「ややっ、矢がっ!」と絶句する八郎、大蛇はここぞと鐘を脱いで八郎を食べに出た。が、すかさず八郎は必殺の騙し討ちで、次の矢を放った。傷を負った大蛇は、人間のように「覚えてろよ!」などと余計なことは言わず逃げ去った。

IMG_3115_convert_20120819212926.jpg

 さて、塩江に別子八郎の墓があると聞き、「別子」という地名だけを頼りに山奥へ分け入る。

IMG_3117_convert_20120819213049.jpg

 その地名へは一本の山道しか通じていない。しかし、茶畑はあれど、何の案内も標識も見当たらない。そうとうマイナーらしい。地元の方に声をかけてみたら、説明しても絶対にわからないからと、案内してくださった。

IMG_3098_convert_20120819212746.jpg

 これが、伝説の別子八郎さんのお墓だ。道から外れた山の斜面に、ポツリとたたずむ。

IMG_3090_convert_20120819212612.jpg

 ここまで人知れず山奥にあれば、民話でも何でも許容しそうではないか。

IMG_3126_convert_20120819213152.jpg

 道端にはアヤメの仲間のシャガがきれいに咲いていた。

IMG_3136_convert_20120819213322.jpg

 塩江の国道193号線に近い、「不動の滝」。説明板によれば「阿讃山地の時差的隆起を示す遷急点にあたり、学習的価値がある」。美的価値には満足できたが、学習的価値の方は未だ理解できずにいる。

20062260000_convert_20120819214515.jpg

 さて、大蛇がかぶっていた鐘がこれです。別子八郎が国分寺に寄進し、一時、讃岐藩主・生駒一正が高松城にお持ち帰りした。が、鐘が「こくぶへいのう(帰ろう)」としゃべり、祟りが起きたので、もとに戻させたといわれる。私なら、しゃべった段階で返します。

IMG_3510_convert_20120819213718.jpg

 国分寺には奈良時代の礎石があちこちにきれいに残っています。

2005kokubunji002_convert_20120819214311.jpg

 僧坊跡は建物で覆われ、簡略な実物大模型があります。

2005kokubunji001_convert_20120819214220.jpg

 10分の1・石造復元模型や、版築(はんちく)の壁なども見ることができます。

P8100005_convert_20120819213547.jpg

 敷地の北西角、木々に隠れている庚申(こうしん)さんです。


  1. 2012/08/19(日) 22:55:59|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高梁川近辺の眺め(倉敷市~総社市) | ホーム | 崇徳上皇ゆかりの地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/28-f223589d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR