どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

専念寺(観音寺市)

DSCN3693_convert_20130604164858.jpg

 観音寺市の専念寺は小林一茶が滞在した寺として知られています。

DSCN3694_convert_20130604165101.jpg

 1792(寛政4)年と1794(寛政6)年に尋ねてきたようです。和尚さんの性誉(しょうよ、俳号五梅)さんが一茶と同門だったようです。お二人の先生・二六庵竹阿(にろくあんちくあ)さんの名前は初耳。

DSCN3695_convert_20130604165204.jpg

 これが、正月に詠んだ直筆の句を模写した句碑です。

DSCN3698_convert_20130604165501.jpg

 「元日や さらに旅宿と 思ほえず」。旅の宿とは思えないほど、くつろげたようです。

DSCN3699_convert_20130604165555.jpg

 おじそうさん。子どもの頃、「おっぞさん」などと呼びましたが、香川県の方言でしょうか。

DSCN3701_convert_20130604165652.jpg

 隣の家もなんだか雰囲気があったので、すかさず記録。



オマケ 江戸時代の俳諧など

①寛永期 :松永貞徳=貞門俳諧(松永久秀の孫?子は藤原惺窩の門人・松永尺五)

②元禄文化:西山宗因=談林派
        松尾芭蕉=蕉風俳諧『奥の細道』『笈の小文』『猿蓑』

③化政文化:
   ●俳諧:蕪村『蕪村七分集』(天明・京都)、一茶『おらが春』(化政・信濃)
   ●川柳:柄井川柳『誹風柳多留(やなぎだる)』
   ●狂歌:大田南畝(蜀山人)・石川雅望(宿屋飯盛)
   ●和歌:香川景樹(桂園派)、良寛(生活歌・越後)


※昨年11月3日のブログも見てください。蕪村の泊った妙法寺(丸亀市)を紹介しています。


  1. 2013/06/04(火) 21:50:50|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日柳燕石ゆかり展(琴平町) | ホーム | ふるさと探訪・城跡めぐり~丸亀城~(5月26日)に参加して(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/280-1e2caf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (121)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR