どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

石の民俗資料館(高松市牟礼町)

PC260024_convert_20130731103820.jpg

 源平の里・牟礼町にある石の民俗資料館です。この付近は、庵治石という花崗岩で有名です。

PC260027_convert_20130731103920.jpg

 石のアートがたくさん置かれています。

PC260029_convert_20130731104015.jpg

PC260030_convert_20130731104109.jpg

 何故か、ネズミ。

PC260086_convert_20130731105142.jpg

 ポツンと離れた岡の上に一体。空を見つめる宇宙人…?

PC260040_convert_20130731104336.jpg

 結構いい景色です。右に屋島が見えています。

PC260051_convert_20130731104517.jpg

 中の展示の一部を紹介します。まず、目を引くのが昔の石工たちの作業を紹介するコーナー。写真は、石引きの様子です。大きな石の時は、ロクロを回してロープを引きました。石の下にはコロを置きますが、コロが地面にめり込まないように、歩板(アイビ)という板を敷きました(香川県人はたぶん、「しく」ことを「ひく」と言います)。

PC260062_convert_20130731104736.jpg

 丁場(採石場)で石切りをしている様子。割れやすい方向は岩脈といって決まっているそうです。この辺りは、東西方向だそうです。

PC260069_convert_20130731104836.jpg

 加工風景です。墓石や灯籠が多いそうです。

PC260075_convert_20130731104932.jpg

 こうやって磨いていたんですねー。

PC260055_convert_20130731104624.jpg

 中国で穀物を粉にしている様子。

PC260079_convert_20130731105033.jpg

 ここから見える遠くの山並み。

PC260096_convert_20130731105432.jpg

 すぐ近くの六万寺。源平合戦のとき、安徳天皇の行在所となりました。

PC260090_convert_20130731105251.jpg

 お寺のHPによれば、今の建物は延宝7年(1679)年に初代高松藩主松平頼重さんが再建したそうです。お宝も多く、香川県立ミュージアムに保管されています。また、安徳天皇を慰めるためにはじまったといわれる、子ども相撲が高松市無形民俗文化財になっています。





  1. 2013/07/31(水) 21:37:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飛龍丸(高松市) | ホーム | 琴平駅と松里庵など(琴平町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/300-863b94fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (122)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR