どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

最近の再発CDなど

saekosuzuki_convert_20130919131807.jpg

 鈴木さえ子さんの『スタジオ・ロマンチスト』(1987年)がいつの間にか、リマスター・再発されていました。日本人のつくったアルバムの中では、最高にメロディアスなアルバムです。昔の(音の悪い)CDをもっている上に、SHM-CDということで値段が高すぎなので、ずいぶん迷ったのですが、個人的な思い出とも重なっているので、つい買ってしまいました。リマスターでいい音になってました。
 当時よく聞いていたXTCのアンディー・パートリッジさんが共同プロヂュースしたアルバムで、シリアスなのが好きな人にはカチンとくるかもしれない、意味不明なおもしろさ、楽しさがあります。日清の「すぐおいしい、すごくおいしい」の作曲者です。

rpalmersneakinsally_convert_20130919132121.jpg

rpalmerpride_convert_20130919132049.jpg

 ロバート・パーマーのアルバムが、一斉にリマスターされました。Edsel Records UKという、過去のCDをリマスター・再発しているレーベルから出たものです。アマゾンで、「新品の出品」をクリックすると、海外発注のが安く買えます。これだけ安いと、郵送料が高くても、まだかなり安いです。そのまま日本のアマゾンで買えば一枚2,280円が、私はimportcds_comで購入したので912円でした。
 SNEAKIN'SALLY THROUGHT THE ALLEY(1974)とPRIDE(1983)が聞きたかったので、これがセットなら一枚で済んだのですが…。前者は、ずーっと廃盤だったので、うれしかったです。音もいいと思いました。私の中では、スティーヴ・ミラー・バンドの『ジョーカー』と似た感じ。どちらも大傑作。後者は、テクノ流行を背景につくられたものだけど、テクノが彼流に消化されていて、古びないカッコよさ。やっぱり、歌がうまいし。

bto_convert_20130919131521.jpg

 BTOはいま純粋に楽しめるかというと、「懐かしさ」で買ってしまった感があります。いわゆるハード・ロックです。若いころはよく聞きました。やはり2つのアルバムが収められていて、NOT FRAGILE(1974)とFOUR WHEL DRIVE(1975)です。前者が一番いいと思います。本国以外では、マイナーだと思うので、すぐまた廃盤になりそう…。

statusquo_convert_20130919131834.jpg

 ここからは、最近の話ではありません。ハード・ロックといえば…で思い出しました。ステイタス・クオーのHallo!(1973)。このCDは2005年に発売されていたのに気づいて、やはり懐かしくて買ったもの(で、やはり、輸入で1000円切っていたと思います)。若いころはこのバンドが大好きで、よく聞いていました。なかでも、このアルバムがいい曲満載です。イギリスでは国民的人気を誇っています。最近、日本でリマスター・SHM-CDが出ました。が、高い!!!!!日本のメーカーはやることが…。SHM-CDより、リマスターの方が大事。2005年の音で十分満足しています。

olivia_convert_20130919131601.jpg

 再発で喜んだのがこれ。オリビア・ニュートン・ジョンの『水の中の妖精』(1976年)。当時は、オリビア・ニュートン・ジョンが好きだとか言ったら、ミーハーっぽく思われそうで、そっと聞いていましたが、今改めて聞くと、特徴的ですごくいい声、もちろん、歌がうまい。一昔前の歌手は、みな個性が際立ってる。リマスターのよさも感激もの(2010年発売)。個性的な歌声の女性歌手としては、他に、Tanya Tucker が好きです。本国ではベスト盤的なものが際限なく出ていますが、日本では…で悲しい。

  1. 2013/09/19(木) 22:11:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仁尾八朔人形まつり(三豊市)1 | ホーム | 三井正八幡宮(みい・しょうはちまんぐう)参道・馬場(多度津町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/317-20902808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR