どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

聖跡記念館などについて(再び)

 以前、「明治5年の天皇行幸と丸亀」というタイトルで、明治天皇行在所(あんざいしょ)跡(丸亀・市営大手町第一駐車場の前)を紹介した際、「大正8年に、幸町に市庁舎がつくられた際、建物の一つに玉座を収め、聖蹟記念館とし、その隣に玉座のあった建物も移築されていたらしい。記念館は昭和38年に、柞原町に移築され、現在、三船病院の一角にある」として、三船病院の建物を紹介しました。資料によって書かれてあることがまちまちで、ずっと引っかかっていました。
 最近、香川県立ミュージアムの方に伺ったところ、やっと謎が一つ解けました。

P8010050_convert_20131106210242.jpg

 三船病院の聖跡記念館。
 その説明は『香川県の近代化遺産』(香川県教育委員会2005年)に載っていました。大正8年に、行在所の建物の用材を使って記念館を作り、幸町の新市庁舎の隣に建てられたのでした。記念館は昭和38年に移築され、現在、三船病院の管理下にあり(写真)、屋根の形のみが当時のものということでした。

P8010005_convert_20131106210052.jpg

 昭和9年に、文部大臣による史跡指定されたことを示す石碑。「行在所建物」と書いていますが、正確には行在所建物の部材を使った記念館です。「用材を使った」という表現だけでは、行在所建物を「再現」したものか否かまでは分かりませんが、石碑の言葉を重視するなら、再現したものなのかな???

P8010056_convert_20131106210329.jpg

 全体像が写せません。その後、県立図書館にあった『ふるさとの思い出 写真集 明治・大正・昭和 丸亀』(国書刊行会・昭和54年)でも、同様の説明を見つけ、さらに、幸町の市庁舎と聖跡記念館とが並んだ写真まで見ることができました。それで、「屋根の形」が今も残っていることが確認できました。オオーッと納得。

P8010048_convert_20131106210150.jpg

 ついでに、以前「坊太郎餅はあった」で、明治5年の天皇行幸のとき、御召艦をはじめ11隻の艦船が近くに停泊した下真島を紹介しましたが、上陸地の石碑もありますので、ここで紹介しておきます。

DSCN6604_convert_20131106205830.jpg

 ここはどこかというと…

DSCN6618_convert_20131106205927.jpg

 太助灯籠のある所です(「太助灯籠」参照)。

DSCN6598_convert_20131106205732.jpg

 右手が、江戸時代に作られた港「新堀湛甫(しんぼりたんぼ)」。

DSCN6596_convert_20131106205629.jpg

 対岸へ行ってみます…

DSCN6564_convert_20131106204835.jpg

 「京極船魂(ふなたま)神社」。このあたりには、藩船の船倉や会所などがあり、船魂神社が祭られていたそうですが、大正時代の埋め立てで山北八幡宮に移され、最近再び、元の場所に近いこちらに遷されたそうです。また、京極藩の船番所が派出所として使われて、戦前までは残っていたそうです。

DSCN6575_convert_20131106204939.jpg

DSCN6594_convert_20131106205544.jpg

DSCN6593_convert_20131106205433.jpg

DSCN6592_convert_20131106205309.jpg

DSCN6589_convert_20131106205212.jpg

 左に太助灯籠、真ん中に讃岐富士(飯野山)、右端に小さく丸亀城。

DSCN6586_convert_20131106205054.jpg

 昔は、お城が港からデーンと見えていたことでしょう。




  1. 2013/11/07(木) 18:23:09|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<塩飽勤番所の写真(丸亀市・本島) | ホーム | ことでん、レトロ電車>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/334-21a26446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR