どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

玉藻公園・月見櫓

DSCN7520_convert_20140120131245.jpg

 高松城の北側。向こうから、月見櫓・水手御門・渡櫓です。

DSCN7586_convert_20140120132846.jpg

 この角っこ付近に、刻印が見つかります。

DSCN7523_convert_20140120131500.jpg

 海の大手門、水手御門です。

DSCN7529_convert_20140120131610.jpg

 月見櫓・一層。各層とも、昔の部材がたくさん展示されています。

DSCN7540_convert_20140120131700.jpg

 窓から、高松港が見えます(北)。

DSCN7549_convert_20140120131752.jpg

 階段はかなり急です。人が転がったという話は聞きませんが、油断大敵、第一号として報道されぬによう気をつけました。

DSCN7556_convert_20140120132042.jpg

 二層です。

DSCN7550_convert_20140120131843.jpg

 水手御門・渡櫓方向(南)を見る。

DSCN7555_convert_20140120131940.jpg

 高松駅方向(西)を見る。月見櫓は延宝4(1676)年ごろ完成しました。出入りする船を監視したそうです。一説によると、藩主が江戸から帰って来た様子を見たことから、着見櫓と呼んだとも…。

DSCN7562_convert_20140120132138.jpg

 海も、遠くまで見えます。

DSCN7568_convert_20140120132611.jpg

 三層まで来ました。狭いです。

DSCN7563_convert_20140120132232.jpg

 視点もだんだん高くなります。

DSCN7564_convert_20140120132358.jpg

 壊れたしっぽが手のようで、這っているように見えて、ちょっと恐いシャチホコ。

DSCN7566_convert_20140120132456.jpg

 南には、披雲閣がよく見えます(次回、内部を紹介予定)。

DSCN7569_convert_20140120132747.jpg

 天井。ゆがんだ部材の梁を見ると、腕をふるった大工さんの得意顔が目に浮かびます。

DSCN7522_convert_20140120131356.jpg

 月見櫓は、日曜9:00~15:00公開です。



  1. 2014/01/22(水) 08:40:28|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<披雲閣(玉藻公園、高松市) | ホーム | 大正堂など>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/364-298d4ccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (123)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR