どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

岡山県に見る、ヤマト政権へのミッシング・リンク

2005416011_convert_20120901165628.jpg

 いきなりですが、倉敷市の楯築墳丘墓(たてつきふんきゅうぼ)のてっぺん(讃岐弁では”てんこつ”)です。ストーン・サークルですが、円い場所いっぱいに広がっていて、上空からでないと様子が分かりにくいです。以下、別角度からのを載せます。

200541013_convert_20120901165425.jpg

2005416012_convert_20120901165733.jpg

 神秘的な感じが伝わったでしょうか? 「直径約40mあまりの円形の墳丘の両側に突出部を持つ」と山川出版の教科書にあります。弥生後期に「西日本を中心に」出現した「大規模な墳丘を持つ墓」の一つです。

2005416016_convert_20120901165833.jpg

 墳丘側から突出部を見た写真です。反対側の突出部は道路につぶされて存在しません。白く見える収蔵庫の中に、おそらくここから出土したと思われる弧帯文石という奇妙な石が収められています。

2005416009_convert_20120901165520.jpg

 弥生時代後期のお墓としては日本最大であって、ヤマト政権が唐突に出現するまで、どう考えても西日本優位の状況がうかがえます。さらに、初期のヤマト政権の古墳に見られる鏡の副葬は、弥生時代の北九州に典型的な風習です。逆に、弥生時代の大和地方にもっとも典型的な銅鐸の製造は、ヤマト政権に入ってパタリと消えます。

004_convert_20120901164956.jpg

 総社市の百射山(ももいやま)神社です。この道を進むと、神社の横から三輪山をぐるっと散歩できる道に出ます。ここには、弥生後期の墳墓から6世紀に典型的な横穴式石室をもつ古墳まで、密集しています。このあたりの有力者であることは間違いないのですが、一か所にあることから同じ一族かも知れません。

007_convert_20120901165119.jpg

 ちょっと見づらいのですが、印が全部お墓です。左上に飛び出した部分の、付け根にちょっとだけ大きめの黒丸があって、「宮山墳丘墓」と書いています。墳丘墓ですから、弥生時代の有力者のお墓です。

029_convert_20120901165253.jpg

 こんな感じなんですが、これまた全体像がわかりにくいと思います。墳丘部を前にしています。で、ここから出土した、宮山型といわれる「特殊器台」が有名なんです。特殊器台とは、呼んで字のごとく、特殊なカッコウをした器を置く台のことで、ほとんど、この時期の吉備地方でしか見られません。

P4130054_convert_20120901171020.jpg

 総社市・埋蔵文化財学習の館にあるレプリカです。どう見ても、のちの円筒埴輪の原型です。高校生の使う資料集には紹介されています。ヤマトの出現期の古墳で「最大の規模を持つものは奈良県の箸墓(はしはか)古墳」で「墳丘長280mの前方後円墳」と山川の教科書にあるが、ここで発掘されたのが、宮山型特殊器台なのです。これは、何を意味するのでしょうか。
 邪馬台国東遷説というものがあって、北九州の邪馬台国が、吉備や出雲の勢力と合同で大和地方に移り、ヤマト政権を打ち立てたというものです。それで、吉備の特殊器台、九州の鏡、出雲も含めた西日本で盛んだった巨大な墳丘墓などをセットにした、初期古墳が出現するというのです。この説では、のちの神武東征神話は、こうした事実の曖昧な伝承が形になったものと考えられます。出来すぎな気もしますが、弥生時代の鉄器の出土数は圧倒的に西高東低で、武力の点からも、大和地方から九州方面へ向けての制圧ということは考えにくいのです。

IMG_3001_convert_20120901170935.jpg

 これも教科書に載っている、岡山県の浦間茶臼山(うらまちゃうすやま)古墳です。出現期の古墳で、ちょうどヤマトの箸墓古墳の半分(140m)で、相似形をしています。

IMG_2984_convert_20120901170641.jpg

 教科書では、同型の墳墓の広がりがヤマト政権という政治連合の成立を示し、ヤマト地方の古墳の巨大さがヤマトの圧倒的な力の大きさを示すことしか触れていません。
 弥生時代のヤマト勢力が、北九州の邪馬台国を支配したと考える場合、先に述べた弥生時代の鉄器出土の圧倒的な九州優位、古墳出現の直前での弥生墳丘墓が西日本中心だったこと、この2点を乗り越えて、出現期において、一気に連合を成立させた不思議が説明されていません。
 また、邪馬台国がもともとヤマトにあって、すでに西日本一帯に連合が成立していたとする説の難点は、先の2点に加えて、弥生時代の青銅祭器の分布に見る地域的まとまり(近畿圏・瀬戸内中部・九州北部、出雲は?)の問題などを放置することにあります。みなさんは、どう考えますか?


IMG_2977_convert_20120901170505.jpg

 前方部です。

IMG_2994_convert_20120901170815.jpg

 後円部の上です。へこんでます。

 ちなみに、ヤマトの箸墓古墳は卑弥呼の墓という説もあります。宮内庁では一応、記紀に見えるヤマトトトヒモモソヒメの墓としています。




 
 

  1. 2012/09/01(土) 18:33:53|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野田院古墳・大麻山 | ホーム | いじめについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/37-ccfef498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR