どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

天霧城跡(善通寺市・多度津町・三豊市)

PA110002_convert_20120904211404.jpg

 三豊市・弥谷(いやだに)寺には神秘的な磨崖仏が多く、密教らしい空気が流れています。そもそも弥谷山は死者の行く山と信じられていました。ここに、天城城主・香川氏歴代の墓があります。そして、ここからすぐ天霧山へと向かう道が通じています。

PA110014_convert_20120904212045.jpg

 こんな道が続きます。ちょっと怖い。

PA110023_convert_20120904212127.jpg

 ところどころに石仏があって、雰囲気を盛り上げます。

PA110024_convert_20120904212207.jpg

 「ええーっ!? やめようかなー・・・」と迷いが生じない人がいるでしょうか。香川県の山にはクマがいないのだけは助かります。近年、場所によってはイノシシに遭遇しますが。

PA110039_convert_20120904212301.jpg

 そうこうしているうちに、最初に見るのが「隠し砦跡」。外の光が懐かしい。

PA110044_convert_20120904212341.jpg

 その後、やっと普通の登山道に。目指すはあの天霧山の上。1時間半で行けるらしいが、もう早くも疲れ気味。香川氏の祖先は相模の鎌倉権五郎景政。後三年合戦で右目に矢が刺さり、抜いてあげようとした武士に足で顔を踏まれ、怒って切り殺そうとしたことで有名。

PA110057_convert_20120904212423.jpg

 喜んだのもつかの間、前よりひどい道に・・・。ジャングルです。滑り落ちそうです。いくら、いくさ用の城とはいえ、鎧を着けてたらヤバイでしょう(普段の館は多度津町の桃稜公園にありました)。

PA110062_convert_20120904212504.jpg

 井戸です。岩をくりぬいてます。ご苦労様です。

PA110063_convert_20120904212547.jpg

 忍者の道ですね。実は、この後、道が消え、まったくのジャングルになり、諦めかけました。が、ええい、ここまで来たんだ、と滑る急斜面を適当によじ登りました。

PA110068_convert_20120904212624.jpg

 で、出ました。三の丸跡。まずは振り返って、登って来た方向を確認。ひどい方向音痴なので深刻な話。

PA110074_convert_20120904212747.jpg

 これは・・・何かですね・・・。ところで、香川氏は南北朝期に北朝側として活躍、守護・細川頼之に仕えて西讃に勢力をもちました(戦前なら、不忠者です)。その後、守護代として戦国時代を迎えますが、長宗我部元親軍に敗れて配下となり、さらに、今度は豊臣秀吉に敗れて城から撤退しました。厳しい。

PA110080_convert_20120904212831.jpg

 二の丸です。ジャングルからは解放されましたが、相変わらずクモの巣が多い。クモは苦手ですが、もう、やけくそになるぐらいクモだらけです。

PA110082_convert_20120904212914.jpg

 ついに本丸です。この立て札の向こうは、前回、大麻山から見た大絶壁で、ちょっと覗く気がしません。

PA110102_convert_20120904213047.jpg

 狭いです。何か設備はあったのでしょうか。

PA110084_convert_20120904212958.jpg

 向こうに、物見台があるらしい。

PA110089_convert_20120904213236.jpg

 秘境っぽいです。

PA110091_convert_20120904213339.jpg

 どこまで行くのか不安になってきます。

PA110095_convert_20120904213429.jpg

 まだ行くかー!?

PA110096_convert_20120904213511.jpg

 そろそろ帰るかな? 物見台って、むちゃ遠いのでは? 

PA110097_convert_20120904213601.jpg

 結局、そういうことです。「急な下りになってて、つんのめって、そのまま落ちやすいです」、みたいなことを書いてある。で、「道は途切れています」って・・・一番にそれを書くべきでしょう。

PA110099_convert_20120904213651.jpg

 これが最後に見た部分です。高所恐怖症なので、もう限界です。その先まで行けば、きっと夢に見ます。こんな伝説があります。香川氏が長宗我部氏に攻められたとき、水がなくなったので、米を水に見立ててザザーッとやって、ごまかそうとしたそうです。しかし、旅の尼さんがそれを目撃して、敵に教えたために落城、落ち武者の一人がこの尼さんを殺したそうです。それで、尼斬城ともいわれたそうです。
 ちょっと、恐くなり、さっさと退散することにしましたが、案の定、三の丸からジャングルに下りる際、周囲にまったく見覚えがなく、「やりましたよ! 出ましたよ、方向音痴! まずいよまずいよ!」とリアクション芸人みたいな言葉が頭をめぐりました。偶然、来た道に戻り、もう、天霧城跡にはすっかり満足しました。

  1. 2012/09/04(火) 23:16:41|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出釈迦寺、奥の院、禅定寺捨身ヶ岳(善通寺市) | ホーム | 野田院古墳・大麻山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/39-074f3ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (122)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR