どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

王墓山古墳・宮が尾古墳(善通寺市)

DSCN9705_convert_20140530074850.jpg

 王墓山(おうはかやま)古墳は、全長46mの6世紀初頭に築造された古墳です(6世紀後半に追葬)。

DSCN9710_convert_20140530075018.jpg

 善通寺市の「古墳の日」に、内部公開されたのを見に行きました(4月29日)。

DSCN9758_convert_20140530083456.jpg

 ぼけぼけですいません。形だけ見てください。

DSCN9712_convert_20140530075112.jpg

 横穴式石室の羨道(せんどう)。

DSCN9715_convert_20140530075211.jpg

 石屋形は九州に多く分布します。王墓山古墳は大正時代には史跡名勝記念物になっていましたが、ミカン畑でした。発掘調査は1982年になってからです(宅地造成の届けに伴って)。

DSCN9719_convert_20140530075311.jpg

 盗掘済みって言われていたのが、うれしい誤算で、貴重な副葬品がいっぱい見つかりました。鉄刀には銀象嵌(ぞうがん)が施され、同じ模様が群馬・奈良・島根・熊本で見つかっていて、ヤマト政権との関係が伺えます。

DSCN9721_convert_20140530075403.jpg

 天井。

DSCN9727_convert_20140530075454.jpg

 前方部。

DSCN9729_convert_20140530075545.jpg

 古墳の上。だいたい東を向いています。

DSCN9732_convert_20140530075637.jpg

 古墳から北を見た風景。 たぶん、左が筆の山で、右が香色山。写真から左へはみ出ると、我拝師山が見えると思います。

DSCN9739_convert_20140530075735.jpg

 ぐるっと道が回っています。後円部へ向かいましょう。

DSCN9743_convert_20140530075829.jpg

 池があります。

DSCN9753_convert_20140530075956.jpg

 弥生時代のお墓。

DSCN9751_convert_20140530075906.jpg

 発掘の様子。

DSCN9754_convert_20140530080058.jpg

 これもそう。

DSCN9777_convert_20140530083856.jpg

 こちらは宮が尾古墳(場所はすぐ近く)。北に見えるのはたぶん、我拝師山。南には大麻山があります(中腹に野田院古墳)。

DSCN9801+(2)_convert_20140530084207.jpg

 7世紀初頭の古墳です。石室全体は9m。うち玄室が4.5m、高さ2.5mです。てことは、羨道も4.5m(高さ2.0m)。

DSCN9762_convert_20140530083556.jpg

 羨道。

DSCN9763_convert_20140530083707.jpg

 玄室。奥の壁に人物・馬・船などが描かれた装飾古墳です。

DSCN9801_convert_20140530084249.jpg

 こんな絵が描かれているのですが…

DSCN9791_convert_20140530083935.jpg

 写真では船しか見えません(ムカデではありません)。

DSCN9765_convert_20140530083801.jpg

 天井。

DSCN9796_convert_20140530084110.jpg

 もう一つ、ちっちゃいのもあります。後ろは筆の山。
 
 野田院古墳  大麻山の八重桜




  1. 2014/05/31(土) 09:21:32|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<人口土地・ローズガーデン(坂出市) | ホーム | 「遊佐選手 育泳の地」碑(多度津町)>>

コメント

古墳の日

こんにちは

 古墳の日に いらしてたんですね。
私も 善通寺市主催のバスツアーに参加してたので、どこかでお会いしたかも。

 大河内さんという郷土史家が熱く説明してくださり 面白く興味深い一日を過ごすことができました。特に 赤門そばの資料館は 「えぇー?!うわぁー!!」
の展示物だらけで 機会があれば再度一日がかりで見てみたい気分です。
素人ながら、かなり貴重なものだと思うのですが あんなに無造作に置いていていいのでしょうか。

 荒天との予報がありがたく外れてくれて 野田院からの景色は 古墳時代にトリップしたようでした。まさに王にふさわしい場所で感動しきり。


 羨道内部、よく撮れましたね。フラッシュをたきながら線刻を撮るのはむずかしいのでは?あの船絵を見るだけでも参加した甲斐があったというものです。

善通寺 おそるべし。
坂出にも線刻のある古墳があるようなので 探してみたいと思います。 
  1. 2014/06/02(月) 10:55:42 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

古墳が人気のようです

 なんかテレビで、古墳を見に行くのが流行しているような話を聞きました。ついに、じめっとした古墳にも光が当たり始めたようです。古墳のゆるキャラまでいるそうです。
 古墳の日、市主催のバスツアーがあったんですね。実は、私が行ったのは時間ぎりぎりでした。野田院古墳は間に合いませんでした。といっても、野田院古墳の場合、前期なので竪穴式石室だし、復元で上から「こんな感じ」みたいにしているので、今回はパスしました。
 郷土史家の方の説明は聞きたかったです。資料館は、私も以前見ました。鉄剣など、本当にこーふんです!古墳のかっこよさと風景では、野田院古墳は最高だと思います。香川県のあらゆる見もので1、2を争うと思います。古代人はとてもエキサイトしたことでしょう。そういえば、神戸の五色塚古墳を見に行った時、しみじみ思ったことが一つあります。そうとう巨大なので、地図を見ながら行けば、一瞬で分かるだろうと思っていたのですが、全く予想が外れたのです。この付近のはずなのになあ…と、まるで、石仏でも探しているように、なかなか見つからないのでした。周囲に家がいっぱい建っているので、家より小さい人間には、ビルのように直立していない古墳は全く目に入らないのでした。平地の古墳が目立つのは、何もない時代ならではだなあと、実感。
 坂出の古墳情報、ありがとうございます。ちょっと探してみます。
 そういえば、岡山にいたころ、個人の家の庭にある古墳が物置になっていて、いやいや、お祓いしたんだろうかって思いました。古墳の石室に仏像を祭っているケースがあるぐらいなのに、物置って…。

 
  1. 2014/06/02(月) 20:36:37 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

パワースポットとして最近注目されているらしいです

 神戸の五色塚古墳は明石海峡大橋を望む景観がうけてか 最近は見学者が多いそうです。ネットで見ただけでも大規模でした。もしかして 最近になって大掛かりに整備されたのかもしれませんね。車で神戸に行くのに途中で楽しめそうです。

 坂出の古墳は はっぱの線刻のみが沢山刻まれているそうです。ちなみに 宮が尾古墳の線刻画は 複数の専門的スキルのある人間が刻んだということがわかっているそうです。言われてみると なるほど 線が違ってました。使った刀子が違うことによるのだそうです。

自宅に古墳って 岡山ならではのような、、
お変わりなく過ごされていることをお祈りします。
  1. 2014/06/02(月) 23:46:52 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

パワースポット・ブーム

 五色塚古墳、改めてウィキペディアで上空写真を見ました。不確かな記憶と比べ、周囲に広いスペースが設けられたんじゃないかなと思います、たぶん…。私は駅から歩いて探したのですが、その周囲は今も家が多いので、たぶんやはり、すぐ目の前に出現するまで全く見えないと思います。古墳そのものはずいぶん昔から復元整備されていましたが、明石海峡大橋はまだできていなかったし、博物館や周辺史跡も含め、いつかまた行ってみたいなあと思いました。
 坂出の古墳、ますます興味がわいてきました。また、古墳の絵を刻んだ道具について、考えてもみませんでした。これまた、興味がわいてきました。とはいえ、絵心のない私には、スキルが全く見てとれないので、そういう面での理解は半分諦めています…。
 健康へのお気づかいありがとうございます。急に暑くなったので、熱中症などにお気を付けください。


  1. 2014/06/03(火) 07:16:13 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

余談

 昨日 夕方 以前こちらで紹介されていた坂出元町の角本金栄堂さんが全焼してしまいました。本当に残念です。もう 見れません。こちらでの写真が貴重なものになりました。記憶の共有って 風景に負うこともおおきいのでしょうか? なんだかショックなんですよね~ 
  1. 2014/06/03(火) 10:01:50 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

ショック!!!

 私が以前紹介したというのは、たぶん、勘違いです。残念ながら…。ホントに、ホントに、残念ながら…。坂出の有名な近代建築で、なぜか写真を撮るのを忘れていたのが角本金栄堂さんなのです。もっとも、私がどうこうなんて問題じゃありませんよね。関係者の方々は大変だし、いい建物だなーと思っていたので、ショック。
 いつか写真に撮っておこうと考えていて、いつのまにか無くなっていたというのは、他にも、坂出市では33号線沿いにあった、斜めに巨大な階段状になっていた建物があります。あと、丸亀のシルバー人材センターになっていた旧図書館があります。これなんて、思い出して写真を撮りにいったその日、重機が解体してほぼ更地という光景…。
 諸行無常。だれかパソコンの得意な人たちが、たとえば、昭和30年代の○○市というのをCGで復元してくれないかな―。需要はあると思うけど、ビジネスとして成り立たないか…。

 
  1. 2014/06/03(火) 17:24:41 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

あ、またまたでぞれ、、、

 てっきりこちらかと思い込んでいました。
私の記憶では、こめやさんの紹介写真と同じページにくっきりと。老化による混同です!
もう コメントを寄せること自体 不安な、、。

CG昭和30年代は需要があると思います。

個人的には 丸亀駅裏 映画館通りを希望します。
  1. 2014/06/04(水) 00:02:00 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

 いやいや、レトロなものに興味があり、そういう写真も紹介させていただいているので、混同なさっても不思議はありません。
 丸亀駅裏、映画館通り…いいですねー。中学校の同級生に、すごい秀才のM君というのがいて、エッチな映画館の前を何度も往復していたら、切符売り場の人に呼ばれて、「入れ入れ」と言われて(もちろん有料で)初めて入ったという話をして、みんな腹を抱えて笑いこけたことを思い出しました。何がおかしかったのか全く不明です。今なら、切符売り場の人がニュースになりかねません…。
 駅の表もいいです。カッコイイ駅舎と、タクシー。行き交う人々、懐かしい。松本というおもちゃ屋さんは、パラダイスに見えました。通り町のスーパー・イレブンでは、初エレベーター体験をしました。
  1. 2014/06/04(水) 17:45:49 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

やさしいフォロー ありがとうございます。

 おかげさまで 懐かしい風景とともに ずいぶんしあわせだった子供時代を思い出しました。
M君 どうなさっているのでしょうね。あの通り!を往復する勇気は中学生ならではかも知れません。
 私は おもちゃといえば今井でした。文房具は都築 八百屋は日光 本は藤田
松本はなぜか私の中では万年筆とくっついてます。おかしはありや 靴はもとき、、、、。
 
  1. 2014/06/05(木) 00:43:43 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

思い出の光景

 当時の中学生はみな、気になってしょうがないけど、恥ずかしくて看板を直視できなかったと思います…銀映。
 今井って、なぜか名前だけが記憶にあるような…。文房具、八百屋、本屋の記憶は、やはり、住んでいた地域に強く結び付いているものでしょうか。松本は駅前だったので、やはりご存知でしたか。万年筆と結びついているのが、不思議です。私は、なぜかダイヤモンドゲームの記憶。靴はもとき!!!!!何がビックリマークの連続かと申しますと、そこの息子さんと大の仲良しだったからです。  
  1. 2014/06/05(木) 17:13:37 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

かめれす

 もときさんは子供の頃からよく存知ております。共通の知人ですね。

銀映 という響きに 一瞬で反応?してしまいました。言霊おそるべし。  
 
 よい一日を!

  1. 2014/06/10(火) 10:05:09 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

世間は狭い!?

「もときさん」とお知り合いとは!びっくりしました。世間は狭い!
 私の友人だった「もとき」君のファーストネームのイニシャルはKです。親戚が同業者ということもあるので、どうでしょう。K君ちは確か、商店街で、「下駄屋」とかの看板がかかっていたような…。イニシャルとか書かずに、ズバリ書きたいところですが、彼の名を不特定の目に晒してよいものやら不安なので、すいません。閲覧自由のブログ上では、関係者(や私)にとって不都合が及ぶ可能性も考えて、あくまでも匿名を通しています。考えすぎ?…余談が長くなりましたが、K君のことでしたら、ほんとにビックリ。
 地元出身者ならではの、思わず反応する名称ってありますよね。
  1. 2014/06/10(火) 17:37:53 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/410-8d865f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR