どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

玉藻公園(高松城)の艮櫓(うしとらやぐら)

DSCN0027_convert_20140704222323.jpg

 艮櫓(うしとらやぐら)はもとの高松城東ノ丸(アルファあなぶきホール=県民ホール付近)にあったものです。移転・修理の際、建物の向きを右回りに90度回転させています。というのも、北東角にあったものを、南東角へもってきたので、濠に面した2面の造りが合わないからです(本の右上角を見ながら、右に90度回せば分かります)。
 (注:普段は公開していませんので、公開日をチェックしましょう。)

DSCN0002_convert_20140704221615.jpg

 上から下りていきます。北を見ています。

DSCN0004_convert_20140704221719.jpg

DSCN0005_convert_20140704221812.jpg

DSCN0006_convert_20140704221901.jpg

 南、濠の向こうに琴電の線路。

DSCN0007_convert_20140704221952.jpg

DSCN0009_convert_20140704222043.jpg

 2階。

DSCN0011_convert_20140704222138.jpg

DSCN0020_convert_20140704222233.jpg

DSCN9992_convert_20140704223015.jpg

 西。

DSCN9997_convert_20140704223115.jpg

DSCN9988_convert_20140704222835.jpg

DSCN9983_convert_20140704222745.jpg

DSCN9981_convert_20140704222644.jpg

DSCN9991_convert_20140704222925.jpg

DSCN9979_convert_20140704222553.jpg

DSCN0032_convert_20140704222457.jpg

 もともとは太鼓櫓(たいこやぐら)があった場所のようです。

DSCN0028_convert_20140704222403.jpg

 高松城は豊臣秀吉さんの時代に、生駒親正さんが1587年に入府して造りました。生駒氏は4代で移封となり、出羽(秋田県)で1万石の領主として明治維新まで存続しました。1632年に松平賴重さんが東讃の領主として高松城に入り、以後、松平氏の城として大改修が行われました。艮櫓(うしとらやぐら)は1677年に完成したそうです。

参照→天守台月見櫓披雲閣アルファあなぶきホールの東ノ丸遺構



  1. 2014/07/05(土) 09:19:46|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊舎那院(いしゃないん、三豊市) | ホーム | 国分寺北部小学校校門(高松市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/423-6d041029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (123)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR