どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

丸亀金毘羅街道(2)

DSCN1847_convert_20140929142733.jpg

 前回に引き続き、パンフレット『金毘羅街道』を参考に国道11号線を南に渡り、三船病院の西側を通って行きます。
 正面寺(地名)の自然石灯籠。1860(万延元年)。万延元年といえば、江戸幕府が日米修好通商条約批准のために遣米使節を派遣した年(ポーハタン号・咸臨丸)。

DSCN1859_convert_20140929142906.jpg

 一里屋の灯籠と丁石。灯籠は1874(明治7)年。

DSCN1857_convert_20140929142813.jpg

 十二支で方位が示されています。

DSCN1860_convert_20140929143005.jpg

 「是(これ)より鳥居まで百丁」「願主 京都 田原越前守藤原○○」「取次 丸亀三原屋」

DSCN1863_convert_20140929143102.jpg

 皇子神社への道沿いにある両宮の石灯籠。1854(嘉永7)年。ペリーが2度目に来航し、日米和親条約が結ばれた年。また、安政大地震が起きた年(地震のあと安政と改元)。飯野山が見えます。

DSCN1871_convert_20140929143201.jpg

 神野神社の前に立つ石灯籠。

DSCN1875_convert_20140929143251.jpg

 郡家(ぐんげ)の茶堂跡と賽祷碑(さいとうひ)。神野神社の斜め真向かい。丸亀の殿様が立ち寄ったとき、神野神社の神主さんの烏帽子のひもが殿様よりも長かった(長い方が偉いそうです?)ので、殿様が休めないという理由で、茶堂を与北へ移したという言い伝えがあります。「休めない」とか、「茶堂を移した」とか、よく意味が分かりません。
 賽祷碑は、肥後の美作九平治一族(?)が神野神社と金毘羅さんに雨傘千本を献じて、国家安全・商運吉祥を祈ることを記したものだそうです。

DSCN1876_convert_20140929143331.jpg


DSCN1882_convert_20140929143425.jpg

 県道4号線(この付近で金毘羅街道と重なる)をもう少し南へ行くと、ローソンの角に五十丁石があります。場所が移動させられていて、元は先ほどの茶堂あたりにあったようです。

DSCN1885_convert_20140929143514.jpg

 角下(すみしも)組石灯籠と七十丁石。
 「奉献永代常夜灯」「金毘羅大権現」「寛政七(1795)年九月」

DSCN1892_convert_20140929143603.jpg

 与北茶堂跡は目の前です。つづく。


茶堂関係
 垂水茶堂跡
 四つ足茶堂
 羽間の茶堂







 
  1. 2014/09/30(火) 08:40:51|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<丸亀金毘羅街道(3) | ホーム | 丸亀金毘羅街道(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/452-71f1746b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (122)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR