どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

長尾大隈守一族の墓(まんのう町)

DSCN3549_convert_20150112102338.jpg

 まんのう町の佐岡寺です。昔はもっと大きかったと思います。

DSCN3547_convert_20150112102244.jpg

 明治6年の西讃騒動で焼けたそうです。
 裏山に長尾大隅守の墓があるそうなので、見てきました。

DSCN3541_convert_20150112102143.jpg

 竹やぶの中の細い道を行くときは、どこまで行くのか不安になりますが、すぐお墓に到着しました。
 南北朝時代、三野郡筥(はこ)の御崎(みさき)の領主だった海崎元高さんが、足利一族の細川頼之さん(室町幕府・管領として足利義満を補佐)に属して活躍。1362年、白峰合戦で功績をあげて1368(応安元)年に西長尾城に移って、長尾氏を名乗りました。

DSCN3540_convert_20150112102106.jpg

 以前のブログで、長宗我部さんに敗れたと書いてしまいましたが、正確には「和睦」が正しいようです。いずれにせよ、城は長宗我部さんの重臣・国吉甚左衛門のものとなり(国吉城)、長尾氏は長宗我部軍として阿波で戦って敗れ、一族は討ち死に、出家の憂き目にあったようです。

DSCN3544_convert_20150112102213.jpg

 古い様式を残す貴重な文化財のようです。写真のお墓に手を合わせて来たのですが、あとで写真をよく見たら、ちょっと新しそうですね(説明板にある明治期につくられたもの)。(上の写真で)手前のお墓が古そうです。

DSCN3548_convert_20150112102312.jpg

 佐岡寺まで下りてきました。付近の様子。すぐ向こうに重機が見え、田舎の野山を愛する者としては、ちょっと不穏な空気。
 実は、さらに「広報 まんのう(2014年10月号)」に載っていた、「リョウハン(竜さん)」と呼ばれる水の神様(石塔)を探してみたかったのですが、見つかりませんでした。佐岡寺の裏山を5分ほど登ったところらしいのですが、道そのものが見つかりませんでした。


 讃岐での細川頼之さん




  1. 2015/01/13(火) 17:44:22|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大興寺(三豊市) | ホーム | 玉藻公園、年末年始の無料開放のとき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/488-7152cac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (121)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR