どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

羽床(綾川町)

P9160018_convert_20120918144934.jpg

 琴電・羽床(はゆか)駅からそう遠くない場所に、「日本十大仇討・研辰(とぎたつ)の討たれ遺蹟」なる石碑がある。江戸時代に、羽床辰蔵という刀研ぎ職人がいて、この人がかたきとして殺された事件です。殺された方が有名なんて、珍しいですね。石碑に「墓碑・150m南、実家100m南」とあります。

P9160010_convert_20120918144634.jpg

 150mほどまっすぐ進むと「辰蔵ゆかりの丘」があった。実家は不明。この辰蔵さんは江戸で仕事をしていて、女房がお侍さんと不倫したので、2人とも殺害しました。殺されたお侍には弟が2人いて、「おのれ、庶民の分際で許さん!」と兄の敵を討つことに決め、故郷に帰っていた辰蔵さんを討ったという実話です。私は全く不案内ですが、脚色された歌舞伎などがとても有名だそうです。

P9160012+-+繧ウ繝斐・_convert_20120918144733

 写真左が辰蔵さんのお墓。文政10(1827)年のことでした。武士の女房が不倫したら、女房とその相手を殺すのが普通の時代でした(実際は、恥ずかしい事だし、下手すると相手を探して一生終わるので、お金で解決する示談も多かったようです)。しかし、庶民には許されていません。まして、相手は武士です。現代の感覚ではやりすぎ(ていうか、犯罪)ですが、当時としては、研辰さんは”男”だったのかも・・・。地元では愛されているようです。1827年というと、11代将軍・家斉の文化文政時代。この年、幕府天文方・高橋景保がつくった『日本図』が残っています。伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』の縮小版で、翌年のシーボルト事件につながるものです(国立国会図書館HP・江戸時代の日蘭交流、参照)。

P9160008_convert_20120918144440.jpg

 標高約200mの堤山(つつまやま=羽床富士)が見えます。綾川にかかるこの橋は「宮武橋」といいます。羽床駅にさらに近いここは、宮武外骨(1867~1955)の生家付近です。反骨のジャーナリスト宮武外骨について説明は不要かと思うが、投獄、発禁処分を何度もこうむった豪傑です。

P9160009_convert_20120918144540.jpg

 羽床で見た戦時標語。

P9160015_convert_20120918144851.jpg

 こちらは「皇紀2596年・昭和11年」とあります。1936年といえば、二・二六事件ののち、広田弘毅内閣が成立、軍部大臣現役武官制復活、大軍拡推進の決定がなされた年です。

  1. 2012/09/18(火) 16:33:54|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<清水神社・蔵王神社(高松市) | ホーム | 南北朝正閏問題の補足>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/49-aa1422a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (121)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR