どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

赤牛崎(あかばざき)(高松市)

襍、迚帛エ主慍蝗ウ_convert_20150408215534

 琴電・古高松駅の北を東西に流れるのが、相引川(あいびきがわ)です。川の北側が屋島で、川はもとはもっと広い海峡で、屋島は文字通り島でした。駅の北につけた赤丸あたりが、「赤牛崎(あかばざき)」というところ、さらに北の赤丸が「赤牛崎神社」です。

DSCN4875_convert_20150408110428.jpg

 説明板が設置されています。南を見ています。目の前を左右に相引川が流れていて、その向こうに公園と古高松駅とがあります。

DSCN4874_convert_20150408110347.jpg

 源義経さんは、ここを牛が渡ると聞いて、この浅瀬から屋島へと渡ったといわれています(牛を渡らせて、浅瀬を探したとも)。

DSCN4878_convert_20150408110500.jpg

 前を流れる、相引川。

相引川地図

 相引川が島としての屋島を区切っているのが分かりますでしょうか。生駒時代に陸続きとなった屋島ですが、初代高松藩主・松平頼重さんが昔を偲んで、改めて川を開削したそうです。
 川じゃなくて、海峡じゃないのかって思われそうですが、地図を見ると屋島側からも南側からも、たくさんの水路が流れ込んでいて、やっぱり川のようです。

DSCN4879_convert_20150408110527.jpg

 ちょうど、駅に電車が来ました。桜もきれいです。

DSCN4882_convert_20150408110633.jpg

 すぐ近くの三差路から北へ行くと、赤牛崎神社があります。ここから見る屋島は、独特の見え方でかっこいい。

DSCN4881_convert_20150408110603.jpg

 個人宅のお庭に咲いていた桜越しに。

DSCN4890_convert_20150408110730.jpg

 赤牛崎神社です。やはり、後ろに見える屋島の姿とうまく重なり、いい感じ。

DSCN4888_convert_20150408110702.jpg

 小高い場所にあるので、昔は見晴らしもよかったことでしょう。

DSCN4892_convert_20150408110805.jpg

 神社の前に、満開の大きな桜の木がありました。


  1. 2015/04/09(木) 07:53:45|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<西方寺・屋島神社(高松市)の桜 | ホーム | 屋島の桜(高松市)>>

コメント

義経さん

こんばんは
今年もウェブでお花見を楽しませていただき
ありがとうございます。今年は本当に 桜には受難の年でしたね。
 屋島あたりは友人も多く、むかしむかし 日舞で静御前を踊ったこともあって(きゃっ!)、想いのある場所です。島の形がこんなだったとは、、山伏の帽子?みたい。
相引川は生駒さんが埋めて 松平さんが掘り返したのですね。秀吉側のしたことが気に食わなかったのでしょうか、、?
 お城祭りも近づいてきました。お天気だといいですね。
  1. 2015/04/09(木) 19:51:57 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

屋島

 屋島は奥が深いです。発掘や復元なども現在進行形ですし。
 「相引川」という名前は、東西で同時に潮の満ち引きがあったからとも、源平両軍が一進一退の攻防を繰り広げたからとも言われています。松平頼重さんは学者肌なところが、弟の黄門様と共通しているように思えます。
 日舞など芸術的なことに関わられていて、うらやましいです。屋島近辺にいろんな思い出をお持ちのようですね。昔の姿がたくさん残っているといいですね。意外と、人口密集地の方が昔の光景が残っていますよね。東京の下町しかり。高松や丸亀も、中心部の方が昔の様子が残っているように思います。中途半端に田舎なところが激変した気がします。
 桜は雨にたたられましたね。見て来た桜をまたブログに載せたいと思います。
  1. 2015/04/09(木) 22:31:40 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

屋島+

 そうなんですね、そういえば以前 志度寺が話題になったこともありましたね。屋島近辺に縁があるんでしょうね。新発見とかも期待したいです。年齢を重ねると 自分の傾向がわかってきて面白いです。
 桜 まだあるんですね。得した気分です。よろしくお願いいたします。

 いつも 簡潔で深みのある文章に感心いたしております。私ももう少しましな文をと思うのですが、推敲していると 投稿しそこねるので 乱文で失礼いたします。いまさらながら、、。
  1. 2015/04/09(木) 23:34:23 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

 こちらこそ、見ていただき、ありがとうございます。
 文章についてですが、「なるべく簡潔に、分かりやすく」を心がけていますが、それ以上の表現の工夫にまでは力が回りません。その力があるか否かも謎ですが…。褒められなれていませんので、穴があったら埋められたいぐらいです。
 お互い、探究心を持ち続けたいものです。そして、体は硬くなっても、心と頭は柔軟でありたいものです。このごろ、世間は「硬直」の一途をたどっているようで、恐いです。話が脱線…。
 桜、あと2回ぐらい載せたいと思います。ぜひ、見てください。


  1. 2015/04/10(金) 17:49:39 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/517-86df9a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR