どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

高見島探検2(多度津町)

DSCN5177_convert_20150423071334.jpg

 学校跡へ登る前に、一つ紹介し忘れていました。「満濃池の井戸」という井戸です。
 昔むかし、日照り続きで島の井戸が涸れたとき、ある男が満濃池まで水を汲みに行きました。一升瓶に入れた水を「お大師さんの水」として喜んで持って帰るのですが、ここで落っことしてしまいます。男が嘆き悲しんで、思わず土を掘ってみると、なななな・なんと!水がこんこんと湧いてきたのでした。
 さらに、オチのついた話も伝わっています。その後、満濃池を管理する人に水代を支払わなければならなくなったというのです。なんだかケチくさいけど、それぐらいリアルガチな話だって伝えたかったようです。

DSCN5198_convert_20150423071416.jpg

 さて、前回の石灯籠からさらに進むと、みごとな石垣の中塚邸に出ます。

DSCN5234_convert_20150423072103.jpg

 下の方で、一か所、石垣の隙間から水がチューーーーっ!て噴出してました。少し、緩んだ箇所がでてきたんでしょうが、全体がガチガチでそこしか水の通り道がなかったからこその勢いとも言えるでしょう。

DSCN5228_convert_20150423071937.jpg

 ここで休憩。手作りケーキ&紅茶タイムになりました。あとの昼食代もこみで前払いですが、記念写真などもあっての1.500円は実費のみって感じです。

DSCN5232_convert_20150423072036.jpg

 一富士、二鷹、三茄子。

DSCN5199_convert_20150423071451.jpg

 十二支が乗ってます。

DSCN5201_convert_20150423071551.jpg

 港が見えます。

DSCN5200_convert_20150423071521.jpg

 離れ。

DSCN5208_convert_20150423071701.jpg

 清淵(せいえん)の号があり、渋沢栄一の書といわれています。

DSCN5226_convert_20150423071905.jpg

 縁側の板がすごく分厚い。

DSCN5216_convert_20150423071804.jpg

 二階。

DSCN5211_convert_20150423071732.jpg

 天井の形まで凝っている。

DSCN5219_convert_20150423071834.jpg

 なんか発見があったようです(案内してくださった方々)。

DSCN5229_convert_20150423072005.jpg

 瀬戸内国際芸術祭では、展示&お店になります。

DSCN5204_convert_20150423071628.jpg

 落ち着く風景。

 続く。




  1. 2015/04/24(金) 17:20:36|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高見島探検3(多度津町) | ホーム | 高見島探検1(多度津町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/522-430c7d06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (122)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR