どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

横潮神社(坂出市)

讓ェ貎ョ逾樒、セ蝨ー蝗ウ_convert_20150729084930

 横潮神社には横潮大明神が祭られています。
 横潮大明神は、何度か紹介した『悪魚伝説』に登場します(坂出の昔話)。主人公は諸説ありますが、ここでは日本武尊命の子ども・武殻王(たけかいこおう)としておきます。讃岐の海で大暴れし、人々を船ごと丸呑みしていた巨大なエイを、武殻王と家来の兵士たちが退治しに来ましたが、やはり呑み込まれてしまいます。しかし、武殻王たちは魚のお腹の中で大暴れして、最後はエイのお腹を割いて出てきました。
 巨大なエイの頭は今の坂出高校の松林あたり、尾は江尻(エイの尻)町のあたりで、彼らのいたお腹は今の福江(エイの腹)町のあたりでした。古代の海岸線は坂出高校付近でした。
 しかし、悪魚の毒気にやられて、全員死にかけていました。そこへ小さな子どもが現れて不思議な清水を飲ませました。すると、たちまちみんな元気になりました。この清水は、八十八人の兵士たちを救ったことから八十八(やそば)の霊泉と呼ばれるようになりました。そして、この時の子どもこそ、横潮大明神だったのです。
 乗り物で行くなら、地図左端の太い道を11号線を越えて一番下まで下り、赤丸の上の池(御大師池)へ向かうのが分かりやすいです。池のほとりのお堂付近に軽四1台ぐらいなら、まがらずに(讃岐弁「邪魔にならずに」)停められます。一番安心なのは、駅の駐車場などに停めて歩くことです。細い道も歩きならOKなので、ここまで最短距離で1km少々だと思います。

DSCN5419_convert_20150729084859.jpg

 この自然石灯籠が地図中の赤丸です。この道をまっすぐ行くと神社です。
 私は方向音痴なので、なぜか右へ進んで迷いました。「これはえらいことですよ、これは~」とルーキー新一の言葉がアタマの中でグルグルしました。結局、地元の方に道を尋ねて遠回りして行きました。

DSCN5417_convert_20150729084826.jpg

 実際、どうしたら迷うのか、不思議なぐらいわかりやすい。

DSCN5401_convert_20150729084447.jpg

DSCN5402_convert_20150729084533.jpg

DSCN5404_convert_20150729084607.jpg

 本来なら、すぐ到着。

DSCN5405_convert_20150729084645.jpg

 横潮大明神様に手を合わせてきました。

DSCN5411_convert_20150729084756.jpg

 その横に、日本武尊神社(悪魚を退治したのは日本武尊命という説も)。

DSCN5408_convert_20150729084717.jpg

 若宮神社。
 ところで、広報『さかいで』(2011年12月)に、「悪魚の魂を弔うために」今の坂出高校の場所に「魚御堂」が建てられましたが、学校の建設にあたって魚御堂跡の石碑が建てられ、「魚御堂は横潮神社へ、本尊である仏像は薬師家へと移され、今に至っています」とあるのですが、横潮神社にそれらしきものは見当たりません…。高校の横にあったらしい薬師家も今はありませんし、謎だらけ…。「ひっじょーに、きびしーっ!!」(財津一郎っぽく)。でも、悪魚伝説の地、横潮大明神様を拝めたので満足。


P.S. 迷子(迷初老?徘徊?)になったとき、道を教えてくださった方から不思議な話を聞きました。
 今の11号線ができるとき、ここいらの南の山中に動物の姿をした石がいくつかあって、崇拝されていた。しかし、道路ができる際に、どこへ行ったのか分からなくなってしまったそうです。ただ、そのうちの一つは、あるお金持ちさんが自分ちの庭石にと持ち去ったそうです。ところが、その後、何があったか知らないが、その方はどこかへ行ってしまい、荒れ放題の家にいまもその石は残されているんだそうです。


 


  1. 2015/07/29(水) 18:50:58|
  2. 信仰・民俗・伝統など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近買ったCD | ホーム | 不思議な伝説が残る丸亀市垂水町>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/554-8e465a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR