どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

最近買ったCD

garlandjeffreys.jpg

 よくあることですが、若いころ大好きだったアルバムがリマスターされているのを知り、今聴いたらどうかなー?とか、贅沢は敵だ!とか思いつつ、アマゾンで買い物かごに入れたまんま何カ月も(へたすると1年以上も)放置するという、散々な迷いようの末、結局、懐かしさに負けて(貧しさにもめげず)買ってしまうパターン。
 ガーランド・ジェフリ-ズGARLAD JEFFREYSさんは1943年にブルックリンで生まれたプエルトリコ系の人。1980年のESCAPE ARTISTは当時はもちろんLPレコードで、おまけのレコードがついてたんですが、それも含めて全曲が名曲といっていいレベルで、うれしすぎて涙ちょちょぎれものでした。今聴き直してみて、調子がよくないと元気いっぱいすぎて疲れる面はあるものの、やはり、いい曲の連続攻撃なのでした。
 今回のCDはさすがに3枚分入っているので、値段を考えて輸入盤を取り寄せました。どうせ送料がかかるので、ついでに、ノリントンさんの旧録音のドイツ・レクイエム(ブラームス)とモーツァルトのレクイエムが入って1,000円そこそこというお買い得CDも購入。一般にドイツ・レクイエムの録音は音の大きさの差が激しく、飛び上がってしまうのですが、このCDはそこが抑えられていて、その点でも気にいりました。もちろん、いい演奏でした。モーツァルトの方は珍しい版なのが楽しみでした。まだあまり聴いていないので何とも言えないのですが、一聴して、おーっ!てことにはなりませんでした…。

patbenatar.jpg

 パット・ベネターPAT BENATARさんは、いうまでもなく有名なアメリカのロック・シンガーで、1953年生まれです。1985年のSEVEN THE HARD WAYもよく聞きました。やはり、レコードでした(そろそろCD生産も始まっていたころ?)。曲そのものは全曲すばらしくて大好きなレコードでしたが、やはり、今聴くとあんまりノリノリ・モリモリ(?)な曲はちょっと気恥ずかしいです。とはいえ、当時からゆっくりめな曲run between the raindropsが特に好きでしたので、いい音で聴けて満足。いまさらですが、歌詞よりメロディーというか、音楽そのものを聞きたいほうなので、歌詞重視の方には私のCD紹介はほとんど無価値ですので、ご注意ください。
 2枚のアルバムをセットにしたこのシリーズは、リマスターが出てきて、そのうちこれも出るんだろうなと期待させられ続けたので、これまたブレーキがかからず、わざわざUSAのアマゾンから取り寄せてしまいました…。2015年1月に出ていたようです。いつまでも出ないので、ふと、海外のアマゾンを覗いて、目に入ってしまったのでした…。イギリスからの輸入盤でしたが、なぜかイギリスのアマゾンには出てないという不思議。「…」の理由、それはやはり、贅沢は敵だという良心の声に耳を塞いでしまったこと…。ときどき、聴いてみたい(いい音でまた聴いてみたい)というCDが心に住みついて、だんだん悪魔のささやきに変わってくるんですねー。
 最近、ゲオの宅配レンタルを知り(今更!野性児か!)、CSNの曲を集めたやつなどが気になっています。アルバム・タイトル『CSN』が何故かリマスターされないなか、ここからの曲がたくさん入っているようなので気になっています。しかし、いつも貸し出し中です。中年以上の利用者も多いんだなあとシミジミ。


  1. 2015/08/01(土) 12:50:11|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<四国村(高松市)1 | ホーム | 横潮神社(坂出市)>>

コメント

暑すぎて漕げんですねぇ

お久しぶりです。

 地元の話題をたくさんのせていただいて興味しんしん。
暑い中 ごくろうさまです。ありがとうございます。

 私もamazonのカートには手を焼いています。
まぁ自分の欲深さをまざまざとみせつけられ、
あぁ神様 ごめんなさい 削除ですね。はいはい。というパターンです。そこまでに何ヶ月もかかったりします。同じですね。

 最近の興味は 西讃と東讃の廃藩置県前後の顛末です。先日 丸亀資料館で「土肥大作と勤皇の志士展」を見てきました。(例の若江薫子の書もあったりして 思わぬ余禄でした。)四国内でも初期には13も県があったとか、、(丸亀は維新時期に裏ポイント地区だった印象を持ちました。)知らないことが多いのは恥ずかしいですが 知らせない意図も感じてしまいます。機会あるごとに勉強?!していきたいです。こちらの過去ログも参考にさせていただいてます。

 恐ろしい暑さです。十分お気をつけください。

 
  1. 2015/08/02(日) 13:17:04 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

土肥大作さん

 暑中お見舞い申し上げます。
 アマゾンで似たような事をされている方がいて、安心しました。
 「土肥大作と勤皇の志士展」、私も見ました。土肥さんに関しては、ざっとしたことしか知らなかったので、展示を見て、少しは人物像に血が通ってきました。とてもいい展示でしたね。村岡家が残っているうちに見てなかったのが悔やまれます。駐車場の下に地下室の痕跡が残ってたらいいのになー、と妄想。
 行政区画の変遷の裏側を調べたら、面白いかもしれませんね。どうせなら、全域が丸亀県に落ち着いてもよかったのに、などと丸亀出身者としては、無責任かつ身勝手なことを考えたりもします。

   
  1. 2015/08/02(日) 19:56:27 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

丸亀県

 それ楽しいですね。
 お城もあるし 中津万象園もあります。 
 
 土肥さんの最期はきびしいものでしたね。精神的に追い詰められての自害とありましたが、もっと納得のいく理由があるような気がしました。初代県知事って今とは全く違っていたのだと痛感しました。

 行政区画の変遷 いいヒントです。ありがとうございます。なにかの呪文みたいでもあります。

 

  1. 2015/08/02(日) 22:49:22 |
  2. URL |
  3. かこのはな #-
  4. [ 編集 ]

興味は尽きないですね。

 土肥大作さん、丸亀を訪れた有名人との関係がイマイチ分からないのが残念です。武市半平太、岡田以蔵、坂本竜馬さんらと会ったのでしょうか?高杉晋作も村岡家には宿泊したようですが、土肥さんとの関係は? 高松征討の参謀を務めたぐらいだから、かなりの人物のはずですが。
 まだまだ謎が多いので、解明されるのが楽しみです。
  1. 2015/08/03(月) 22:14:10 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/555-12242f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR