どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

四国村(高松市)2

DSCN7413_convert_20150806173114.jpg

 愛媛県の山深いところにあった河野家住宅。18世紀中ごろ。
 本来、四国村の真骨頂はこうした民家で、それぞれに特徴があります。この後も少し紹介します。

DSCN7411_convert_20150806173042.jpg

 土間に入ってみました。

DSCN7408_convert_20150806173006.jpg

 紙の原料、楮(こうぞ)を蒸すクドがあったり、大きな桶がぶら下がっていたりします。

DSCN7423_convert_20150806173258.jpg

 このかわいらしい建物は、砂糖〆(しめ)小屋です。香川は江戸時代に白糖生産で日本一を誇りました。今も上質な和三盆は香川県を代表するものの一つです。サトウキビは畑で4月~11月にかけてつくられます。私が小さい頃は、サトウキビがそのまま何でも屋さんで売られていて、ガシガシ噛んでいました。あの少し青臭いけどさわやかな甘さは忘れられません。今食べたら、それほど甘さを感じないと思います(その前に口の中が出血しそう)。

DSCN7424_convert_20150806173328.jpg

 内部はこうなっています。牛がぐるぐる回って、サトウキビの汁を絞りました。

DSCN7421_convert_20150806173226.jpg

 釜屋で煮沸して、アクを取ったり、純度を高めたりします。

DSCN7397_convert_20150806172928.jpg

 これは小豆島の猪垣(ししがき)。作物を守るために長い猪垣がめぐらされています。最近、イノシシが本土から島へ向かって泳ぐ姿が映像に撮られ話題になりました。島の農家からすれば、「もーっ!!!」って感じでしょう。

DSCN7430_convert_20150806173430.jpg

 こちらは徳島県の猪垣。イノシシが垣根に沿ってウロウロしてると、陥穴(おとしあな)にどしんと落ちる仕組み。畑を守り、牡丹鍋も食べられるというすぐれもの。

DSCN7433_convert_20150806173459.jpg

 で、これがリアル罠。…危険な香りがする野外博物館、四国村へ来てみませんか。

DSCN7434_convert_20150806173525.jpg

 土佐から伊予へ越す龍王街道にあった茶堂。「坂本竜馬も…一休みしたかも…」とありました。四国の茶堂では、旅人の接待などもしていました。

DSCN7437_convert_20150806173612.jpg

 四国村ギャラリーの裏庭。中原淳一展をやっていました(終了)。特に印象に残ったのは、何かの遊びに使う世界中の風景やおしゃれを描いたカードに、かわいらしい女子の姿などに交じって、鍵十字のマークが美しく描かれた絵がさらっと入っていたこと。三国同盟のころの雑誌の付録かなんかかも…。ユダヤ人が見たらぞっとするような絵でしょう。それで女の子たちが無邪気に遊んでしまうのが、時代の空気というもの。そんな空気って恐いですね。「空気を読む」って、その場に働く力を察してうまくやれってことでしょうけど、私に言わせれば「余計なことを」って感じです。結局、そんな連中がみんなでその力を構成していくんですから。むしろ、カート・ヴォネガットさんではないけれど、この空気「なんか変だ」と気付くカナリアさんの方が偉い。…話が超脱線。

DSCN7464_convert_20150806173642.jpg

 四国村の一番高い所にあるのが、灯台関連の建物群。こちらは灯台員の住居となった退息所で、鍋島にあったもの。明治6(1873)年~昭和30(1955)年ごろまで使われました。

DSCN7468_convert_20150806173710.jpg

 初期につくられたものは洋式です。

DSCN7481_convert_20150806173806.jpg

 こちらは明治36(1903)年のクダコ灯台退息所(愛媛県)。

DSCN7482_convert_20150806173834.jpg

 外観は洋式ですが…

DSCN7478_convert_20150806173738.jpg

 内部は和式になっています。
 このあと、室内を撮ろうとして背中を窓側に寄せようとして、事件発生。ふと悪寒がして振り返ると、超巨大なクモが窓に張り付いているのでした。そのまま斜め後ろへ(何しろ場所がない)、稗田八方斎なら脳天ぶつけたぐらいのけ反り、こけそうになりました。




  1. 2015/08/07(金) 18:17:36|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<四国村3(高松市) | ホーム | 四国村(高松市)1>>

コメント

先日男木でコメントいたしました謙介です。
懐かしい写真で、いきなりごあいさつもせずに
コメントいたしまして失礼いたしました。
私の場合は小学生の時に岩清尾八幡さんのお祭りにサトウキビを売っている店が出ていて
買ってちゅうちゅう吸った記憶があります。
もう今ではそんなものはないでしょうね。
話は変わるのですが、琴平急行電鉄の
旧車両模型のキットが市販されています。
http://homepage3.nifty.com/arumo/r0049.htm 
坂出市が購入して展示したらいいように。
思うんですけど。でも坂出市も知らなかったりして。(笑)
  1. 2015/08/08(土) 22:19:18 |
  2. URL |
  3. 謙介 #IUDLvDjM
  4. [ 編集 ]

Re: 懐かしいモノ

 コメント、ありがとうございます。
 岩清尾八幡さんのお祭りでサトウキビを買われたとのこと。お祭りの露店でも売られていたんですねえ。丸亀の方では、あまり記憶にありませんが、私が気付かなかっただけかも。あるいは、東讃ならではだったのかもしれません。
 以前、懐かしのマクワウリが店にあったので買ってみたのですが、あまりの味の薄さに驚きました。昔はあんなに甘く感じたのに。サトウキビはどうなんでしょうね。
 琴電の模型が販売されているんですね。古い車両の鉄道模型、ときどき趣味の方が鉄道に関する美術館・博物館の展示やら、金毘羅さんの昭和を懐かしむ展示などに出品されていますが、懐かしくていいですね。私は蒸気機関車も見た世代ですが、ディーゼルになってからの、連結部分が扉あけっぱなしで、満員の時などタラップに乗って手すりにつかまるのが普通だったころが、懐かしく思い出されます。
  1. 2015/08/09(日) 11:05:23 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/557-c5d30f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (123)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR