どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

六角堂・香東川渡し場跡(高松市)

鬥呎擲蟾晄ク。縺怜エ縺ィ蜈ュ隗貞ゅ・蝨ー蝗ウ_convert_20150819084755

 前回には松岩寺(地図左上)、前々回には霊源寺(右下の駅のマークの上)を紹介しましたが、両者のすぐ近くに触れておくべき史跡があります。右下のは「六角堂」、左上のは「香東川渡し場跡」です。

DSCN7728_convert_20150819084457.jpg

 「六角堂」は高松空襲被災者の慰霊塔です。毎年、7月3日には慰霊祭が行われています。
 昭和20(1945)年7月4日未明、「B29」116機が高松市に焼夷弾を落としました。1359人の方が亡くなり、市街地の約8割が被災しました。栗林公園に避難した人々もいましたが、公園も爆撃され、多くの方が亡くなったそうです。
 今年は参加しなかったのですが、昨年は空襲跡を歩き、体験者のお話を伺いました。また、以前、岡山で水島空襲などの体験者の話を伺いましたが、すごく印象に残っているのは、動員で水島航空機製作所(爆撃機をつくっていた)で働いていた方から聞いた話です。普段から、爆撃があったら、両手で目と耳と鼻を塞ぐようにと言われていたそうです。そうしないと、爆風で目が飛び出すのだそうです。離れた所に爆弾が落ちても、爆風で吹き飛ばされたという話も聞きました。
 8月15日にはテレビでたくさんの「終戦」特集を見ました。実際には戦争が終わった日が、8月14日のポツダム宣言受諾か、8月15日の玉音放送か、9月2日の降伏文書調印か、いずれと考えるべきか分からない。そんなことより、番組で、東京大空襲などでも国や自治体が亡くなった方を調査したり、慰霊したりしようとはしなかったことを知りました。すべて住民の手で行われたという話。そういえば、中国残留孤児だった方からお話をうかがったこともありますが、帰国の世話をしたのは民間団体で、帰国しても生きていくのが困難な状態を国は放置してきました。結局、戦後も、私たちは「国」というものを国民一人一人の幸せを目指すものにできていないし、へたすれば人を消費財か資源ぐらいにみなす傾向が強いのではないか、と思ってしまう。他方、目を外に向けると、「国際協調」とか言いつつ、実際は、利害の共通する仲良しグループでしかない。
 ベルクソンは、社会というものは昆虫社会にも似て、群れを守る本能が自然によって与えられていると言います。しかし、それは「原始的」なレベルの話で、人間は「人類」を目指すことができます。そんなのは「理想」だと片づける人もいるでしょう。しかし、他国への無理解、さげすみは動物か昆虫レベルの本能の次元に根ざしています。理想を目指すところに人間の優位があります。本能は行動を「問題」視しません。ただ遂行あるのみです。人が何かを問題にすること、考えること、それは本能からはみ出ている部分であり、それが「意識」の意識たる方向であり、人が自由であることを示しています。つまり、理想を求めないなら、人間でなくてもかまわない。

DSCN7892_convert_20150819084712.jpg

 話が大脱線…。
 「香東川渡し場跡」です。北に見える橋が地図の33号線です。

DSCN7887_convert_20150819084632.jpg

 与謝蕪村さんの句。「炬燵(こたつ)出て 早あしもとの 野河かな」。蕪村さんは高松の豪商・富山家に宿泊したのち、川を船で渡りました。さっきまで炬燵にあたっていた足。いつの間にか河原に立っている。炬燵(みなさんのもてなし)は暖かかったなあ、という句。

DSCN7885_convert_20150819084548.jpg

 上流方向。


  1. 2015/08/19(水) 19:15:28|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蜂穴神社と髪授神社、克軍寺(高松市) | ホーム | 松岩寺(高松市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/561-65eb1432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (125)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR