どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

無量寿院(高松市)

辟。驥丞ッソ髯「_convert_20150912192231

 真言宗・無量寿院は、もと室山(地図下の方赤囲み)の麓にあったそうです。今回も『わが町の文化財探訪』を参照しました。
 ①ここもまた、讃留霊(さるれ)王が退治した悪魚の霊を慰めるために建てられたそうです。聖武天皇の時代に行基さんが建てたということなので、ずいぶん昔のことです。

DSCN7837_convert_20150912190549.jpg

 いまの無量寿院です。
 ②空海さんが伽藍を整備し、讃岐七談義所(真言宗の学問所)の一つだったそうです。
 ③近くで生まれた観賢(かんげん)僧正のおかげで、宇多天皇の御祈願所となったのをはじめ、多くの天皇の信仰を集めたそうです。
 ④戦国時代に焼失、移転。その後、生駒さん・松平さんの時代にも転々と移動。最終的に現在地に落ち着きました。
 ⑤明治12(1879)年~大正5(1916)年まで38年間、高野山出張所として讃岐の真言宗の中心地であったそうです。

DSCN7830_convert_20150912190444.jpg

 1945年の高松空襲で寺は焼失、再建されました。

DSCN7836_convert_20150912190519.jpg

 左から、役行者(えんのぎょうじゃ)・倶利伽羅不動(くりからふどう)・聖宝理源大師(しょうぼうりげんだいし)。空襲で焦げたりした跡が残っています。
 石造の役行者はめずらしいそうです。倶利伽羅不動は、剣に倶利伽羅竜王が巻きついているそうです。それぞれ、お不動様の剣と索とをあらわすそうです。理源大師は天智天皇の6世の孫で、弘法大師の高弟に学び、宇多天皇の帰依を得ました。醍醐寺の開祖。頭に鉢巻きをしていますが、これを枕の下に入れて休むと、頭の病気が治るそうです。


 玉藻城・桜御門の空襲の跡
 岡山市の戦争遺跡
 岡山大学の戦争遺跡





 
  1. 2015/09/12(土) 19:57:58|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<香川不抱さんの住所はどこ? | ホーム | 平賀源内先生旧邸(さぬき市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/569-6412b59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR