どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

おいでまい!高松運転所(10月10日)

DSCN8147_convert_20151012110623.jpg

DSCN8085_convert_20151012105711.jpg

DSCN8148_convert_20151012110652.jpg

DSCN8088_convert_20151012105750.jpg

DSCN8146_convert_20151012110553.jpg

DSCN8090_convert_20151012105820.jpg

DSCN8106_convert_20151012105845.jpg

DSCN8111_convert_20151012105910.jpg

DSCN8115_convert_20151012105937.jpg

DSCN8119_convert_20151012110003.jpg

DSCN8120_convert_20151012110030.jpg

DSCN8121_convert_20151012110056.jpg

DSCN8123_convert_20151012110122.jpg

DSCN8126_convert_20151012110148.jpg

DSCN8127_convert_20151012110219.jpg

DSCN8132_convert_20151012110250.jpg

DSCN8136_convert_20151012110317.jpg

DSCN8143_convert_20151012110342.jpg

DSCN8149_convert_20151012110408.jpg

 いま流行りの鉄道ファンというわけではありませんが、普段、見ることのない場所なので、新鮮な風景でした。


  1. 2015/10/12(月) 11:23:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<旧下野呂内小学校(徳島県三好市) | ホーム | 吉川八幡宮周辺(岡山県吉備中央町)>>

コメント

ジャングルジムがわりでした

こんばんは
前にお話しましたように、私は西浜新町で育ち
ました。滑り台とか、ジャングルジムのあるような
児童公園とてあの辺にはありませんでした。
(今もたぶんないと思いますが)
今は高松運転所ですが、長年の習慣で
つい「機関区」と言ってしまいます。
この機関区が私にとっての遊び場でした。
近くに同じ年頃の子どももいたのですが、
西浜新町は正式な小学校の校区では
亀阜小学校だったので、私は亀阜に
通学していました。ですが近所の子は
亀阜は遠いからと言って、みんな
二番丁小学校に越境入学して通学して
いた子ばかりだったのです。そういうことで
友達もおらず一人で遊ぶことが多くて
機関区へ遊びに行ったりしていました。
機関区の中に物資部という今でいえば
まぁミニスーパーというのかコンビニというのか
小さなお店があって、そこでうちは買い物を
していたのです。その関係もあって、機関区の
中に行くのは全然抵抗がありませんでした。
今では決して許されないことだと思いますが
以前は子供が施設の中に入るどころか
置いてある車両の中に入ってうろうろして
いました。客車にはあまり入ったことが
なくて、気動車ばかりでした。
郵便車も入ったことがあって、普通の
椅子が並んだお客さんを乗せる車両と
違っていて、それがとても面白かった
ことを覚えています。
そんなことをしていても注意されたようなことは
無かった(入ったらいかん、とか叱られたら
覚えているはずですし)です。
以前は扇形の機関庫もありましたが、蒸気機関車の運行終了とともに消えていきました。
写真を拝見させていただいて、そんな昔のことを
思い出しました。ありがとうございました。
  1. 2015/10/12(月) 22:35:47 |
  2. URL |
  3. 謙介 #IUDLvDjM
  4. [ 編集 ]

在りし日の「機関区」の様子を伝えてくださり、ありがとうございます。

 たぶん、何らかのお店(「スーパー」か「コンビニ」的な)は今もあるんでしょうね。様子が変わってしまったかどうか、気になる所です。そういう場所も公開されておればよかったのですが…。
 昔は、いろんなことが「ゆるーい」面があって、それがよかったですよねー。私も、製材所で遊んだりしました。丸太を積み上げて乾かしている上で遊んだり、材木置き場や倉庫で鬼ごっこしたりしました。天井の木でできたトラスや梁を歩いたり、けっこう危険なこともしました。もちろん、川に材木を浮かべた筏を走ったりもしました。
 危険をなくすることも含め、いろんな意味で「無菌室化」が、人間にとって本当に幸せなことなのかどうかという根本問題。そして、(その年がとっくに昔になったことに驚愕…の)『1984年』化に向かってはいないかという、現実(程度)問題。
 改めて、考えさせられました。そして、「ゆるー」くて、ちょっと汚くて、ちょっと雑な、あの時代が、なんだかつくづく懐かしい…。

  1. 2015/10/13(火) 18:11:09 |
  2. URL |
  3. 犬の知人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/579-f57af045
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (119)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR