どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

丸亀城はちょびっと紅葉

DSCN8826_convert_20151129101908.jpg

 今年は、私が見た範囲では、香川県の紅葉はなんだかパッとしないうちに終わった感じです。城内にある丸亀市立資料館の企画展示を見に来たのですが、大手門付近にちょびっとだけ紅葉が見られました。

DSCN8829_convert_20151129101946.jpg

DSCN8830_convert_20151129102018.jpg

DSCN8834_convert_20151129102046.jpg

 こんな感じ。

DSCN8841_convert_20151129102116.jpg

 資料館前から。紅葉はホントにちょびっと。どことはなしに黄色が混ざり、秋の写真でしょうなー…という感じ。

 資料館では、本日で終了ですが、「源内焼の名品展」「京極家の家宝展」を見ました。丸亀資料館は無料で、企画展示のパンフレットはいつも、分かりやすくてきれいです。関係者の方々がいい仕事されてます。
 源内焼は、多くは作者不詳ですが、江戸時代のもので、たっぷり見られてよかったです。京極家の家宝展では、宇治川の先陣争いのとき、佐々木高綱さんが使っていた轡(くつわ)を加工して刀の鍔(つば)にしたものや、佐々木信綱さんの使っていた品々なんかに興味をひかれました。あと、将軍家に献上した文書の写しのなかに、以仁王(もちひとおう)の綸言(りんげん)なるものがあって、なんじゃこりゃー?と、ちょっと興奮しました。資料館の方にお伺いしたところ、有名な以仁王の令旨(りょうじ)とは別なようです。もちろん、以仁王は天皇ではないので、天皇の命令文書=綸旨(りんじ)ではなく令旨を発したわけですが、そもそも、綸言とは天皇の言葉を意味するので、最初からおかしいので、ちょっと尋ねてみたわけです。謎は深まるばかり。



 謎といえば、ロケット打ち上げ成功に関して、今朝のテレビでどなたかが「ロケット打ち上げは赤道付近が有利なので、日本は不利なのに、すばらしい技術力だ」とほめてましたが、ヒューストンの緯度も日本と同じぐらいでしょう?ヨーロッパはもっと緯度が高いし、第一、ロシアはどうなの???って思いました。「なんでやねん!」て思うことは毎日あるので、たまたま、今朝のことをとりあげただけで、この発言をした方は、どちらかというと私が好きな方です。なんの恨みもないし、深い話でもありませんので、誤解なきよう。

 「なんでやねん!」といえば、これまた、どちらかというと好きなNHKの「英雄たちの選択」で、「信長の葬儀」の回です。ときどき出演される、どこかの先生が、秀吉は信長の葬儀を盛大に行うことでお金をばらまいて、庶民の支持を得たと言いました。しかし、歴史の教科書に「貨幣経済に巻き込まれ…」みたいな表現がよく出てきますが、鎌倉時代からずーっと繰り返される武家社会の病、銭の病があります。資本主義経済ではないので、仕事をしない武士が贅沢してあっぷ・あっぷしているのが現実です。貨幣経済の浸透とともに、うまくやる商人たちは徐々に勢力が強くなります。『武士の家計簿』って映画がありましたが、あの家では節約に舵を切りましたが、その貧乏くささに注意が行きがちですが、<それ以前>の贅沢三昧を見落としてはいけません。家格にこだわって、どんだけ贅沢・無駄遣いしてるねん、そら、借金だらけになるわって感じです。大名家は言うに及ばず。庶民(大部分は農民)が苦しいのは、資本主義と違って給料が低いからとか、仕事がないからではありません。武士に収奪されているからです。また、武士がお金を溜めこむからではありません(遣いすぎて借金まみれ)。何かの番組で、エジプトのファラオは農閑期にピラミッドを作らせ、農民に仕事を与えてたのだ、あれは公共事業だとか言ってましたが、これと同じ、時代(経済)の仕組みが違うことが分からない大バカ者です。ファラオが農民に渡す給料は、農民から収奪したものです。その分が最初から手元にあれば、ピラミッドなど作らず、そのエネルギーをもっと有効に使えたはずです。そもそも、武士の仕事ってなんですか。自分たちが戦争しなくて済む仕組み、自分たちが収奪するための仕組みの維持に尽きるわけです。司会の磯部さんの新しい発想は常々大尊敬していますが、この回の「葬式民主主義」はないわーと思いました。民主主義なら、前総理大臣の葬儀に税金を大量投入などできません。仮に、その時代の庶民が誰かを支持したとして、「庶民の支持」イコール民主主義ではありません。ヒトラーは民主主義者ではありません。歴史的産物としての民主主義には、それを新たなものたらしめる理念があります。

 どんどん脱線しますが、こんなことを言う人がいます。「ピラミッドだってなんだっていいんだ。お金が回れば経済はうまくいく」。仮にそれが正しいなら、無益なことにすごいエネルギーをかけなきゃうまく回らない仕組みを正すべきでしょう。最近まで、先進国の資本主義経済はパイの拡大が、いろんな矛盾を吸収してきました。でも、量的拡大は限界のようです。いいことです。すごい生産力を手に入れたということですから。お金に換算した、生産、流通、消費される抽象的全体量が変わらなくても、新発明・新商品は現れるでしょうし、それが誰を幸せにするものかが変わったり、社会的不幸せの除去が進むなど、中身の進歩はアリなのです。いまの先進国の、それこそ「庶民が支持している」ことは、自分だけが贅沢三昧できること、そのために、貧困にあえぐ人が出ても仕方ない、必要なら武器も売って、その犠牲を誰かに引き受けさせる…というものではないでしょうか。それが、一部の人々しか享受できない贅沢品やサービス(高級自動車や別荘、高級料理…etc.)と、大多数の人々が消費する庶民的生活に必要な財・サービスとの生産を、この大多数の人々が生産する構図をつくっています。最近は、この大多数の内部に格差がつくられています。

 あれ?何の話か分からなくなりました。寝不足のせい???




  1. 2015/11/29(日) 13:01:19|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多度津町の登録文化財めぐりに参加(1) | ホーム | 八栗寺(高松市)で「紅葉…なしよ!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/595-04755b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (124)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR