どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

1938年の『丸亀商工案内』に記載された店を調査

1938荳ク莠€蝠・キ・譯亥・2_convert_20121002222918

 『案内』の広告欄です。右上の「秋山寅吉(とらきち)商店」は実はよく知られています。現在の丸亀商工会議所HPによれば、1991年に本社を工業地帯に移し、いまも現役ばりばりのようです。

PA010004_convert_20121002223711.jpg

 一度は閉鎖された旧本社ですが、2002年に商工会議所などが市街地活性化の一環として「道の駅・秋寅の館」として再生させました。しかし、商店街活性化は未だならずです。他にも観光資源はあるのですが、お金を出してでも有望な出店希望者を一気に集めなければムリだと思います。

PA010005_convert_20121002223806.jpg

 大正末期の建物です。私のような古風なものが好きな人間からすれば、こうした保存活動はうれしい限りです。かつて、りっぱな丸亀駅舎が壊されたときは残念でなりませんでした。

2006043_convert_20121002223102.jpg

 寅吉商店の看板など。壁に吊り下げた油傘が懐かしい。小学校の貸し出し用がこんな油傘でした。

2006045_convert_20121002223239.jpg

 看板という手法は新しいメディアが次々と誕生する今日にあっても、古来から広告手段としての座を維持しています。象印スコップやメリー印は現役です。

PA010007_convert_20121002223856.jpg

 防空壕です。竹を編んだものの下に、重い扉があります。

PA010012_convert_20121002224246.jpg

 こもった微小な浮遊物や水分を吸収したコンクリート独特のにおいがします。雨の日の道の臭いを何日も缶詰したような・・・。

PA010013_convert_20121002224328.jpg

 中です。

1938荳ク莠€蝠・キ・譯亥・3_convert_20121002223003

 左の広告、「台湾バナナ」の字が難しすぎますが、それとは別に「台湾」という言葉の意味が今日とは異なることも考えさせられる事実です。「重元商店」は残念ながら店じまいしましたが、1923年につくられた建物が国の登録有形文化財です。

IMG_3596_convert_20121002223513.jpg

 建物の意匠に地域色があって貴重というのがその理由です。もちろん、シャッターより上です。

1938荳ク莠€蝠・キ・譯亥・1_convert_20121002222737

 左の「武田時計商舗」がいまもあり、年配の方がご近所の方とお茶を飲みながら店番をしています。昔の広告に第十二連隊御用達ってありましたけど、と尋ねてみるが、「はーそうですか。そこに十二連隊がありましたからなー」というお返事で、何か特別なこともなかったようです。

PA010001_convert_20121002223611.jpg

 店は明らかにつくり直されています。偶然、昨日めざまし時計が机から落下して大きく破損したばかりだったので、約2000円の電波時計を買いました。展示品のみでした。

豁ゥ蜈オ隨ャ蜊∽コ碁€」髫垣convert_20121002225310

 歩兵第十二連隊の写真です。背景は丸亀城です。

PA010043_convert_20121002224742.jpg

 広告欄ではないのですが、本文で紹介されたお店に「寶月堂」(ビルとその両側)があります。昭和初期の建物を市が文化財として認定しています。

PA020010_convert_20121002224909.jpg

 「六万石」はもちろん、四つ目結の家紋からして京極家にちなんだお菓子です。

PA020009_convert_20121002224830.jpg

 こちらは、絵が古風だったので購入。やはり、京極家がらみです。万象園は貞享5(1688)年に二代目・京極高豊が中津につくった別荘ですが、樹齢600年の「大傘松」が有名なのです。

PA010034_convert_20121002224703.jpg

 以下、今回のテーマから外れます。「秋寅の館」でお茶を飲んでいると、先にお茶しておられたご婦人方のお一人から、寿覚院の観音像を見たかと尋ねられました。事情があって2、3回移転を繰り返し、ここに落ち着いた仏像で、たいそうご利益があるというので、「以前に仏像のあった高松近辺の人がわざわざお参りに来ていた」といいます。この方が「今から帰るとこなんやけど、途中にあるけん」と、案内してくださることになりました。写真は、途中にあった金毘羅灯籠と道標。かつて、丸亀街道沿いのそれらを調べたことがあったのですが、こんなところに立派なものがあるのを知りませんでした。

PA010029_convert_20121002224545.jpg

 寿覚院は寛永18(1641)年、生駒氏のあと丸亀藩主となった山崎家治が菩提寺として建てました。

PA010024_convert_20121002224453.jpg

 法然上人像と本堂です。

PA010021_convert_20121002224412.jpg

 観音堂は創建当時のもので、桃山時代の様式を残すといわれています。仏像は、小さな穴から覗くだけですが、けっこう立派なものではないかと思いました。帰りに門の立て札をよく読んだら、「金毘羅の観音堂に古くからあった十一面観音菩薩」とある。立て札は昭和48年のもので、「以前」、遠くからの参拝者があったというのは、そんな「以前」だったのだろうか・・・。

PA010031a_convert_20121002224622.jpg

ご住職はここに住んでおらず、通いだそうです。写真を撮って帰りたかったので、丁重にお礼を言ってお別れしたのですが、そのとき「裏のお庭もいいですよ」と場所を教えていただいた。行ってみると、確かに小さいながら立派なお庭がありましたが、草に覆われていました・・・。写真は途中に咲いていたセンニチコウ。









  1. 2012/10/03(水) 08:57:09|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画『隣の八重ちゃん』(1934年) | ホーム | 超マニアックな丸亀城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/60-6b365371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR