どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

ことでん太田駅付近(高松市)

太田駅付近地図

 本当は、12月に市の主催するふるさと探訪という街歩きに参加したかったのですが、寝坊したのでした。残念!…というわけで、自分で調べた範囲で、面白そうなものを探してみました。

DSCN9194_convert_20160121095848.jpg

 廣田八幡神社はかなり大きな神社で、やはり、神社ならではの古い社叢が残っていて貴重です。

DSCN9212_convert_20160121100016.jpg

 太田池のほとり。大正14(1925)年に、廣田八幡神社の春祭りに競馬を行ったんだそうです。

DSCN9210_convert_20160121095933.jpg

 カモの天国になっていました。

DSCN9214_convert_20160121100053.jpg

 1831(天保2)年の金毘羅燈籠。地図で、塩江街道(左)仏生山街道(右)の分かれ目にあります。仏生山街道はまっすぐ仏生山に向かっています。そこには高松松平氏の菩提寺・法然寺があります。
 左の道標は、1922(大正11)年の陸軍大演習を記念してつくられたんだそうです。

DSCN9228_convert_20160121100136.jpg

 西法寺のお成り門。藩主が法然寺に参詣する途中、西法寺に立ち寄り、休憩したそうです。

DSCN9234_convert_20160121100229.jpg

 孝子甚兵衛(こうし・じんべえ)の墓。甚兵衛さん(1755~1816)はとても親孝行で、寛政8(1796)年に藩主・頼儀(よりのり)さんが領内巡視をしたとき、表彰されたそうです。

DSCN9236_convert_20160121100311.jpg

 上免出水。かつて上免という地名だったそうです。免というのは江戸時代の年貢率(年貢)を表す言葉で、年貢率の高い、つまり、収穫率の高い地区だったようです。高松市によりますと、収穫率によって、土地を上所免・中所免・下所免の3種類に分けていたそうです。

 街歩きでは、きっと、もっとおもしろい場所へ行ったり、詳しい話が聞けたんでしょうね。今度、ふるさと探訪で行きたいところがあったら、早寝・早起きを心掛けたい。

 そういえば、この付近は出水が多いところです。→高松市の湧水






  1. 2016/01/22(金) 17:44:12|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<庚申山(岡山市新庄) | ホーム | 十三塚(綾川町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/612-a37c7757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (123)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR