どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

倉敷市周辺の貝塚

倉敷市の貝塚地図

 倉敷市周辺にはたくさんの貝塚があります。このあたりは戦国期から近世になって埋め立てが始まったので、地名にやたら「~島」というのがあります。それらは実際に島だったところです。島が点在していたわけです。縄文時代の貝塚は、当時の陸地や島の海岸だったところです。

2005416047(3)_convert_20160303222826.jpg

 北から見ていきましょう。羽島貝塚です。今は公園になっていますが、縄文前期~後期の貝塚が発掘されました。石の矢じりや土器片も見つかっています。縄文時代の矢じりは中小動物の狩猟用です。弥生時代のような戦争の痕跡はありません。
 手前の地面の白っぽいのは全部、ハマグリなどの貝殻です。

2005416047(2)_convert_20160303222802.jpg

2005416002(1)_convert_20160303221748.jpg

 船元貝塚は縄文中期を中心とするもので、人骨なども出土しています。ここは、痕跡が見つかりませんでした。

2005416002(3)_convert_20160303221821.jpg

 発掘された土器は、近畿~北九州に広く見られ、中期の典型の一つとされ、「船元式」と名付けられました。

2005416006(3)_convert_20160303221929.jpg

 磯の森貝塚は縄文前期の貝塚で、倉敷市のHPによれば、土器類、石の矢じりや槍、タイ・エイなどの魚骨、シカ・イノシシなどの骨、釣針、ヒスイの耳飾りなど、いろんなものが出土しました。
 田んぼの中や草の下を見ると、いっぱい貝殻が落ちています。

2005416006(1)_convert_20160303221853.jpg

2005416009(3)_convert_20160303222041.jpg

 福田貝塚は縄文後期を中心とする貝塚です。

2005416009(1)_convert_20160303222004.jpg

 土器、石器、土偶、人骨などが出土しています。

2005416016(3)_convert_20160303222143.jpg

 やはり、一面に貝殻が散らばっています。

200549002(2)_convert_20160303221341.jpg

 彦崎貝塚は岡山市灘崎町にあります。国指定史跡です。

200549003+(1)_convert_20160303221416.jpg

 白っぽいのはすべて貝殻です。
 
200549005(2)_convert_20160303221513.jpg

 縄文前期~晩期にかけて存続し、保存状態がとてもいいそうです。

200549005(1)_convert_20160303221442.jpg

 文化遺産オンラインによりますと、厚さ1.7mの貝層、25体の屈葬埋葬人骨、ドングリ貯蔵穴などが見つかっています。ちなみに、ドングリは縄文時代の主食です。ドングリをすりつぶして、山芋などにまぜて、シカ肉なども混ぜて焼いて食べるとおいしいです。ドングリによっては、さほど灰汁抜きが必要ないのもあります。

津雲貝塚地図

 ついでに、笠岡市の津雲貝塚を紹介します。こちらも国指定の文化財です。
 津雲貝塚の屈葬(からだを折り曲げて埋葬)の写真がよく教科書などに出てきます。なんと、人骨が160体以上発見され、身体装飾品や、抜歯などの習俗も見られます。

2005331012_convert_20160303221642.jpg

 説明版のあるおうちの方に、勇気を出して、どこらへんが貝塚なのかお伺いしました。すると、まさにこのおうちの方の土地で発掘が行われたのであり、その様子などを詳しく教えてくださいました。そして、「探せば、すぐ何か見つかるから、探してみなさい」といわれ、地面をよく見ると、貝の破片や土器片が見つかりました。「その貝は、腕輪の一部だ」「土器は模様があるだろう」など、いろいろ教えてくださり、その2つをくださいました。…実は、ずいぶん前の話です。感謝感激の、いい思い出です。 

2005331011(1)_convert_20160303221544.jpg


2005416016(1)_convert_20160303222115.jpg

 倉敷埋蔵文化財センターの貝塚の地層の標本です。貝塚には、捨てられたものや、食べたものの骨などが混じっていますが、柴犬などのイヌの骨も出てきます。これは、きれいにそろっていて、埋葬されたものです。決して、食したわけではありません。

2005331011(3)_convert_20160303221612.jpg

 同じく、縄文時代のもの。その他、復元した竪穴住居などもあります。また、各時代の歴史が市内の史跡・実物などとともによくわかるようになっています。笠岡市立郷土館もお勧めです。



  1. 2016/03/04(金) 20:18:17|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<門田貝塚(瀬戸内市) | ホーム | 26聖人のひとり・ヤコボ市川喜左衛門(喜斎デイエゴ) の墓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/626-1ed23c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR