どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

本島(丸亀市)

譛ャ蟲カ2006020_convert_20121008215443

 本島(ほんじま)の南側です。東に瀬戸大橋が見えます。人口約800人の美しい島です。

譛ャ蟲カ2006040_convert_20121008215814

 近くに見えるのが牛島です。今では人口十数名ですが、江戸時代には丸尾五左衛門が内海の海上王といわれ、大名貸しまでやっていました。塩飽全体が江戸時代には廻船業で大繁栄していたようです。

譛ャ蟲カ12006069_convert_20121008221238

 本島の笠島(かさじま)地区は、国の重要伝統的建造物群保存地区です。江戸時代のものから、明治・大正・昭和初期まで、建築物マニア大興奮間違いなしの数を誇っています。

譛ャ蟲カ12006070_convert_20121008221325

 なまこ壁の土蔵もあります。

譛ャ蟲カ12006071_convert_20121008221454

 内部を見学できる家もありますが、写真が多くなりすぎるので割愛(すいません)。岡山・香川にお立ち寄りの際は、ぜひ、計画に入れて尋ねてください。

譛ャ蟲カ12006075_convert_20121008221551

 生活感のあるところも風情があります。

006_convert_20121008175006.jpg

 宮本家の供養墓。「年寄りの墓」といわれるものが島にいくつかあり、その一つ。

譛ャ蟲カ2006007_convert_20121008215343

 江戸幕府から御用船方とされた人々を人名(にんみょう)といい、その代表4人を年寄りといいます。塩飽勤番所で自治的に政務を行い、絶大な力を持っていました。

譛ャ蟲カ1006032_convert_20121008175454

 こちらは吉田家。
 塩飽の島々は戦国時代から信長・秀吉に水軍として仕えてきました。

譛ャ蟲カ1006+020_convert_20121008174855

 「塩飽勤番所」です。信長、秀吉、家康からの朱印状や、大岡忠相らが署名した漁場の裁許書など貴重なものが保管されています。

譛ャ蟲カ1006041_convert_20121008175558

 咸臨丸の水夫が持ち帰ったものです。

譛ャ蟲カ1006042_convert_20121008215220

 1860(安政7・万延元)年の日米修好通商条約批准のため、ポーハタン号に乗った正使・新見正興らとは別に、これまで洋式艦船の訓練を行ってきた幕府が威信をかけて派遣したのが「咸臨丸」でした。塩飽の人々はこれまでに長崎海軍伝習所などに1000人近くが呼び出されていましたが、咸臨丸の水夫50人中、塩飽から35人(本島12名など)が選ばれました。

譛ャ蟲カ12006044_convert_20121008221021

 いろんなものを持ち帰っています。

譛ャ蟲カ12006043_convert_20121008220934

 幕府はその後も1862(文久2)年に榎本武揚・西周など15名のオランダ留学生を派遣していますが、この中に塩飽出身の古川庄八と山下岩吉がいます。古川はオランダ語習得も早く、1857年に江戸に幕府・軍艦操練所がつくられたとき教授に任命されていた。オランダから帰国後は、榎本とともに開陽丸に乗り函館戦争に敗れたが、明治政府にも海軍技師として出仕しました。

譛ャ蟲カ2006043_convert_20121008215856

 港の手前に、木烏(こがらす)神社があります。

譛ャ蟲カ006012_convert_20121008175122

 制札場や、全国で最重要な舞台30件に含まれる千歳座と呼ばれる芝居小屋があります。

譛ャ蟲カ2006034_convert_20121008215702

 実はここを訪れたのは2、3年前のちょうど今頃で、お祭りの最中でした。

譛ャ蟲カ2006026_convert_20121008215614

 本島の海水浴場は、私たちが小学生のころ丸亀からたくさんの人が訪れていました。一度、父に連れられて寺で一泊しました。頼んで泊らせてもらったようなことを言ってました。今では、寺側がそういうことを営んでいる場合でなければ、「ちょっとお寺で一泊」なんて考えられません・・・。

譛ャ蟲カ2006052_convert_20121008220101

 貸し自転車で島を回っていると、ポツンとこれだけ建っている「夫婦倉」です。嘉永5(1852)年に建てられた廻船業「新屋」の土蔵です。
 ところで、自転車で島を回ろうというのは甘い考えでした。思っていたより広いし、坂道がきついです。高くてもフェリーで車を渡さなければ、見たいところを回りきれません。

譛ャ蟲カ006053_convert_20121008175226

 『機関車先生』のロケ地です。

譛ャ蟲カ2006056_convert_20121008220141

 実は、本物の小学校跡です。

譛ャ蟲カ2006057_convert_20121008220234

 井戸とポンプが郷愁を誘います。本島小学校の分校(分教場)だった所です。

譛ャ蟲カ2006066_convert_20121008220333

 黒板の字は、坂口憲二演じる機関車先生が書いたものです。残念なことに、最近落書きがあったそうです。島の人がボランティアで清掃等しているのに、何を考えているんでしょうか。もちろん、器物破損罪に当たります。

譛ャ蟲カ2006067_convert_20121008220421

 木造校舎で学んだことがある人は懐かしい気分に浸れます。

譛ャ蟲カ2006070_convert_20121008220602

 昔はこういうオルガンがありました。

譛ャ蟲カ2006068_convert_20121008220519

 普通の教室とは少し形態が違います。

譛ャ蟲カ200061_convert_20121008175405

 誰もが、この角度で写真を撮るはずです。

譛ャ蟲カ12006002_convert_20121008220657

 帰りの時刻を調節して、船から夕陽を見ました。





  1. 2012/10/09(火) 11:34:46|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<祖谷(いや)渓~祖谷のかずら橋(徳島県三好市) | ホーム | 映画『上を向いて歩こう』(1962年)・『愛の賛歌』(1967年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/65-574903f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (60)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (128)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR