どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

祖谷(いや)渓~祖谷のかずら橋(徳島県三好市)

PC040020_convert_20121010192452.jpg

 もうすぐ紅葉の季節です。写真は昨年、祖谷(いや)を訪れたとき。紅葉的には出遅れて残念な写真ですが、いいところなので紹介します。

PC040023_convert_20121010192605.jpg

 とりあえず、残っていた紅葉。

PC040043_convert_20121010192930.jpg

 祖谷渓で何がすごいかというと、この人です。

PC040027_convert_20121010192646.jpg

 祖谷川に向かって放ってます。小便小僧のなかでも際立った根性の持ち主です。

PC040039_convert_20121010192842.jpg

 無心というか、悟りの境地というか、こっちが夢に見そうです。

PC040035_convert_20121010192754.jpg

 雄大な景色です。

PC040049_convert_20121010193014.jpg

 何か見えてきました。川がエメラルド色です。

PC040053_convert_20121010193054.jpg

 アメゴがおいしそうです。

PC040054_convert_20121010194008.jpg

 かずら橋です。この風景だからこそ、かずら橋が似合う。普通の橋なんか架けてたら、責任者は県外追放でしょう。

PC040060_convert_20121010194051.jpg

 背景もいいです。

PC040063_convert_20121010194137.jpg

 いよいよ来ました。恐いといっても観光地ですから、落ちることはあるまい。

PC040074_convert_20121010194300.jpg

 体が通る隙間ではないと思うのですが、ストンと勢いつけて落ちたらスルッといくかも・・・。

PC040075_convert_20121010194339.jpg

 全員しがみついています。真ん中はお急ぎの方用。

PC040082_convert_20121010194653.jpg

 映画だと、パシッ・ピシッと一本ずつ切れたりするんだろうなあ、とくだらぬ想像をしてしまう。

PC040085_convert_20121010194737.jpg

 逆側。あの橋を渡って、かずら橋まで来ました。

PC040095_convert_20121010194842.jpg

 無事、渡り終え、「琵琶の滝」を見に行きました。頼まれて撮った写真みたいになってしまいました。まあ、顔がぼやけてるから使用OKでしょう。「琵琶」の滝とは、平家の落人伝説からつけられた名前です。

PC040101_convert_20121010194957.jpg

 河原に下ります。

PC040104_convert_20121010195038.jpg

 独特のきれいな石ですが、阿波の青石といって、庭石なんかによく用いられます。お土産屋さんで売っていたので思い出に買いましたが、石だけに・・・。

PC040110_convert_20121010195125.jpg

 ちょっとSFっぽい景色です。

PC040112_convert_20121010195209.jpg

 帰りにもう一度、橋を見おさめ。やはり、高い。

PC040113_convert_20121010195336.jpg

 平家屋敷を目指します。

PC040114_convert_20121010195413.jpg

 おとなしい番犬がいました。

PC040118_convert_20121010195515.jpg

 幕末から明治初期の建物で、庄屋だった西岡家の住宅です。平家滅亡の折に一族とともに入山した、安徳帝の御典医・堀川内記という人の子孫といわれています。






  1. 2012/10/10(水) 21:14:28|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小豆島の寒霞渓(かんかけい)・映画村など | ホーム | 本島(丸亀市)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/66-50158e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (58)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (121)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR