どこいっきょん?

岡山・香川の史跡を中心に、マニアックに迫ります。

備中・国吉城(小笹丸城・竹井党の寄親)

 日本史の教科書に「寄親・寄子制」というのが出てくる。山川の教科書では、戦国「大名は家臣団に組み入れた多数の地侍を有力家臣にあずける形で組織化」したとある。前回紹介した美星町の竹井党は、小さな地侍で、毛利の重臣・口羽春吉を寄親とした。口羽氏の城・国吉城は小笹丸城から313号線を10キロほど北へ行った所にある。

P1220044_convert_20120719105626.jpg

 中央(左寄り)の山がそれだ。今でも、眼下に江戸時代の村を見下ろす感じだ。もし、侍の亡霊がいるなら、彼は知らないだろう、自家用車や液晶大画面・テレビ三昧な生活が営まれていることを。

P1220002_convert_20120719105712.jpg

 クルマで上まで行くと、(よくある)ちょっと入る気しないトイレと、説明板がある。小早川隆景が三村政親から激戦の末、ここを奪い取ったことが記されている。

P1220028_convert_20120719105849.jpg

 ちょっと登って振り返った風景。城内って感じだ。神社になっている城跡は多い。城内に氏神を祭るのが通例なので、それが残っているのだろう。手水鉢には「嘉永」の元号があった。

P1220014_convert_20120719105753.jpg

 さらに少し歩いて、前を見る。見張り小屋が「たぶん、こんなんで」と、建てられていた。小屋のそばまで行ってみる。

P1220016_convert_20120719105930.jpg

 さらに、先へ行ってみる。ちょっと、心細いが・・・。

P1220024_convert_20120719110010.jpg

 振り返ると、こんな感じだ。戦国時代の山城を訪ねると、誰にも遭遇しないことがよくあるが、妙なワクワク感と、凶暴な犬とかいたらどうしよう的な不安がある。
  1. 2012/07/19(木) 11:26:52|
  2. 史跡・文化財など
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<太助灯籠(丸亀市) | ホーム | 遠藤周作『叛逆』ゆかりの地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jaimelamusique.blog.fc2.com/tb.php/8-c0b176ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2017/09/29(金) 20:02:14 |

プロフィール

犬の知人

Author:犬の知人
丸亀で生まれて、いまは高松の住人。2・3歳のころ見たマリンコングや七色仮面を覚えている。高校生の頃に使ったある参考書の臭いをありありと覚えている。etc.・・・記憶が残るほうなので、郷愁を感じるものが好きである。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (59)
史跡・文化財など (346)
音楽 (15)
ひょっこり思ったこと (5)
歴史 (40)
自然 (125)
映画 (5)
信仰・民俗・伝統など (71)
哲学する (14)
名勝 (1)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR